ダイエット総合情報サイト|くびれ > >> キャビテーションであざ?内出血ができた時の対処法

キャビテーションであざ?内出血ができた時の対処法

キャビテーションであざが出来た!原因は?対処法はある?

痩身エステでキャビテーションを受けたら、あざができてしまった方。

キャビテーションであざが出来たという話を聞いた方。 「キャビテーションって大丈夫なの?」「事故やミスではないの?」と心配になりますよね。

そこで、キャビテーションを受けた後にあざができてしまう原因やあざを綺麗に治す対処法などについて解説していきます!

キャビテーションであざ!?これって大丈夫?

キャビテーションとは、切らない脂肪吸引とも言われるダイエット効果の高い痩身エステの施術のこと。 近年、多くのエステサロンでも取り入れられている為、キャビテーションの経験がある方や、これからキャビテーションに通おうとお考えの方も多いと思います。

インターネットの痩身エステについての口コミやダイエットについての掲示板などでは、こんな口コミが後を絶ちません。

  • キャビテーション体験に行ってきたけど、あざが出来たから何だか怖くてそれっきりになっている。
  • 契約しているキャビテーションコース、前回は何ともなかったのに、担当者が替わってあざが出来た。担当者変えてもらった方が良いのかな。エステティシャンのお姉さんは凄く良い人だし言いにくい…
  • 沖縄旅行の為にキャビテーション行きたいけど、友人があざが出来たみたいで怖い。痩せても、あざが出来たら水着は着にくいし、やめといた方が無難?

このような口コミばかりだと、キャビテーションをして良いものか不安になってきますよね。

しかし、結論から言うと、基本的にキャビテーションの超音波であざがてきることはありません!!

ある可能性と言えば、施術内容によるものではなく、キャビテーションのマシンヘッドをエステティシャンが強く押し当てすぎて内出血する位でしょうが、そのような施術を行うエステは稀です。

仮にサロンの方針で、マッサージのために、グリグリとマシンヘッドを押し当てる方法をとられていれば、事前に「内出血がおこりますが心配しないで下さい」などど説明があるはずです。

「あざはキャビテーション施術における副作用である」「キャビテーションは体に悪い」などと言うのはネット特有の嘘だと言えます。 まず、キャビテーションが体に悪いということはありませんので、安心してください。

しかし、何故キャビテーションであざが出来たと言う口コミが多いのでしょうか。 実はそのあざはキャビテーションが原因ではなかった。ということなんです。

キャビテーションを受けた後にあざが出来る原因は?

痩身エステというのは、より高いダイエット効果を出すために色々な施術を組み合わせて一つのコースが作られています。

キャビテーションも同様で、「キャビテーションコース」などと一口にいっても中身はサロンによって様々。ハンドマッサージや、EMS、ラジオ波、サウナなど多くの施術を一緒に受けることになります。

そのため「キャビテーション(コース)を受けたらあざが出来た!」という方は、キャビテーションと一緒に受けた他の施術が原因となっていることが可能性として挙げられます。

ハンドマッサージ

キャビテーションのようなマシンによる痩身エステに組み合わせられることの多いハンドマッサージ。

施術を行うエステティシャンにより力加減がかなり異なります。より効果的なマッサージをしようとセルライトをゴリゴリと潰すように力を入れて頑張ってくれるエステティシャンに当たると、あざが出来ることがあります。

また、通常のマッサージは指全体や手のひら全体を使い行いますが、指先だけで行うとピンポイントで力が加わるため毛細血管が切れて内出血を起こしてしまいます。 新人さんや、単にマッサージの下手な人に当たってしまうとあざが多く出来てしまうことも。

ラジオ波マシン(RF)

ラジオ波マシンとキャビテーションは相性が抜群の組み合わせですので、両方を同じコースで行っているエステサロンはとても多いです。

ラジオ波マシンには、キャビテーションで分解した脂肪や老廃物の排出を、体内を暖めることにより助けるという効果があります。 施術自体は、電磁波が出るマシンを肌に当てるというキャビテーションと似通った内容です。

しかし、キャビテーションと異なるのは、ラジオ波マシン特有のヘッド(肌に当てる部分)の形です。 ラジオ波マシンのヘッドは平らではなく、ゴツゴツした形のものが多くなっています。

その為、少しの圧をかけてヘッドを肌に押し当てた場合に内出血やあざになってしまうのです。 特にあざが出来やすいのはトライボーラー式のものになります。

バキュームなどの吸引ローラー

セルライトを潰しながら吸引するローラータイプのマシンも内出血が起こりやすいです。 特にリンパドレナージュや引き締めエステに使われることの多いバキュームはあざになりやすいです。

注意したいのは「バキューム」という名前はあまり良い印象を与えないため、違う名前を使っているサロンが多い点です。 名前は違っても吸引するタイプの施術は内出血しやすいと覚えておきましょう。

ハンドマッサージは、人の手で行うので、強く力をいれた部分があざになることが多く、あざの濃さや広さは均等になりません。 マシンでの施術は、同じ力加減になりますので、広範囲に均等な濃さのあざが出来ることがあり厄介です。

あざが出来やすい箇所やキャビテーションをしたらダメな箇所はある?

痩身エステの施術により、あざが出来やすい箇所は何処なんでしょうか。

また、ほとんどのエステサロンでは、キャビテーションが出来ない箇所というのが決まっています。 大手サロンでは、どのエステティシャンが担当になっても禁止されていますからその部位は出来ません。

個人のエステサロンではやっているところもありますが、あざが出来たりトラブルの元となりますのできちんと自身で確認しましょう。

~エステの施術であざが出来やすい箇所~
  • 1.太ももや二の腕やお腹など脂肪の多い箇所
  • 2.セルライトがありボコボコしている箇所

前述したエステのハンドマッサージやラジオ波などのあざが出来やすい施術を受けると、主にあざが目立つのは、このような箇所になります。

出来たばかりのセルライトは、皮膚をひねったりしなければ出てきませんが、何もしない状態でもセルライトの凸凹が見える箇所は、とてもあざが出来やすいです。

セルライトが沢山ついた箇所というのは、セルライトで詰まりが起き、リンパや血液の流れが悪く血管障害が起こりやすいです。 栄養が毛細血管まで行き届かなくなると、血管の壁がもろくなり、外から圧力(マッサージなど)を受けただけで毛細血管が切れてしまいあざや内出血になるのです。

~キャビテーションがオススメできない体のパーツ一覧~
  • 1.脂肪の少ないパーツ
  • 2.骨が近いパーツ
  • 3.面積が少ないパーツ

具体的には、頭・首・肩・脇の下・手の甲・ひじ下・ひざ周り・足首など、触ってみて骨が当たって固い、お肉の少ない箇所です。

大手サロンでは、皮下脂肪が2、5センチ以上ついていなければならないなど原則な決まりを設けております。

あざにならない為に気を付けることは?

エステで内出血による多少のあざが出来てしまうのは、ダイエット効果と引き換えに仕方がないこととも言えます。 しかし、エステに行く前に少しだけ気を付ければ、あざが出来る前に対処できたり、あざが出来にくくなったりするんです。

身体を温める

身体が冷えていると、血の流れが悪くなり皮膚の上からの圧迫などで毛細血管が切れやすくなります。 身体を温めて、血行を良くしておけば、内出血防止につながりあざができにくかったり、治りの良い体質になります。

女性は特に冷え性の方が多いですが、冷え性を改善すれば代謝が上がり痩せやすい身体になりますので一石二鳥です。

冷え性を改善する方法としては、冷たい飲み物ばかり飲まず白湯や暖かいお茶などを飲むようにしたり、お風呂上がりにマッサージやストレッチをするだけでも変わってきます。

薬指をさけて指の爪の両側を10回ずつ揉む、爪揉み健康法も冷え性の改善になります。 生姜やにんにく、根菜など身体を温める食材も積極的に採るように心がけましょう。

施術中の痛みを我慢しない

キャビテーションをはじめとする痩身エステの施術は、我慢できないほど辛い痛みは伴いません。 「痛くて効くハンドマッサージ!」など銘打っているものも施術によってはありますが、ストレスを感じる我慢できない痛み遠慮せずにエステティシャンに伝えましょう。

痩身エステがはじめての方にありがちなのが、かなり痛いけれど、それが一般的であると思い込み我慢してしまうことです。 痛みの感じ方に個人差があるように、皮膚や脂肪の厚みによってあざの出来やすい方もいるので我慢は禁物です。

前に受けた施術であざが出来たらスタッフにきちんと話す

二回目以降の施術を受ける際に、前回の施術であざが出来た方は担当してくれたスタッフさんにその旨をきちんと伝えましょう。 「もう治ったから伝えなくていいや」となにも言わなければ、前回の施術に問題がなかったとみなされて、同じ力加減や出力での施術が行われてしまいます。

また、あざが出来やすい体質であったり、傷の治りが遅い体質であるなど気になることがあれば施術前にひとこと言っておくと良いでしょう。 メニューを変更したり、力加減や出力を弱めてくれたり対処してくれますよ。

キャビテーションを安全に受ける為に

キャビテーションであざができるのはとても稀なことで、他の施術によってできるあざもほとんどが肌を圧迫されたことによる軽い内出血です。 大きなトラブルではないので心配いりません。

ですが、痩身エステであざができたり、施術によるトラブルを避けるためにはご自身で気を付ける必要があります。

ポイントは

  • 普段より血行を良くすることを心掛けあざや傷のできにくい身体を作ること
  • 痩身エステの施術による痛みを我慢しないこと
  • 信頼できるエステサロンを選ぶこと

の3つです。

せっかくエステサロンでダイエットをするんですから、あざや傷もない綺麗な身体を目指しましょう!

 

RANKING
痩身サロン人気ランキング

POPULAR
人気の記事

1
痩身エステを徹底比較!おすすめランキング第1位はどこ?
痩身エステ
14112views
2
おすすめはどこ?ブライダルエステ人気ランキング発表!
痩身エステ
9533views
3
1週間でお尻痩せ! 短期間で簡単にお尻を小さくするダイエット法
部分痩せダイエット
4739views
4
キャビテーションが安い?!おすすめのエステサロン発表!
痩身エステ
4298views
5
ヴィトゥレの痩身エステを調査!人気の秘密に迫る
痩身エステ
3825views
ページのトップへ