ダイエット総合情報サイト|くびれ > > セルライト除去をセルフで行うことをおすすめしない4つの理由

セルライト除去をセルフで行うことをおすすめしない4つの理由

素人がセルライト除去をするのは危険!?セルフケアの注意点

近頃、自宅で行うセルライト除去マッサージや家庭用のセルライト除去マシン等が登場していますが、実はセルフでのセルライト除去は全くオススメできません。

一歩間違えるとセルライトが更にボコボコになってしまったり、怪我の原因にもなってしまうのです。

今回は自宅でのセルライト除去をオススメしない4つの理由に加え、落としにくいセルライトを安全かつ効果的に除去をするための方法を詳しく解説していきます。

セルフでのセルライト除去がNGな理由4つ

セルライトの除去はなぜ自分でやることを控えたほうがが良いのか?ここでは、4つの理由を紹介します。

理由1・炎症や内出血が起こる

セルライト除去と聞くと、少し強めの力で揉みほぐす様な「痛い施術」を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、エステのセルライトマッサージは力加減やマッサージ方法を熟知したプロのエステティシャンが行っています。セルライトを潰す前に体の内側を温める等もして、事前準備を怠りません。

知識の無い素人が、インターネット等で得た不確かな情報で強いセルライトマッサージをしてしまうと、酷い炎症や内出血が起こす可能性があります。また、セルライトが無くなる所か余計にセルライトの凸凹が酷くなってしまう場合もあるのです。

理由2・頑張っても効果が出ない

セルライト除去はとても難しいものです。自分でちょっとやそっと揉みほぐした位では、まず無くなりません。

オイルやクリームを使いお風呂上がりに行うマッサージでは、リラックス効果や血行を良くする効果は望めますが、凸凹になってしまったセルライトまでは消せないでしょう。毎日自宅ケアを頑張っても、他のダイエット(体重や体脂肪を減らす)に比べて努力が報われない事が多いのです。

理由3・継続できない

自宅でのセルライト除去は、マシンを使うにしてもハンドマッサージや揉みほぐしをするにしても、ある程度の時間がかかります。いきなり強く揉みほぐすと怪我の原因となる為、まずは湯船にお湯をはって入浴する所から始める等の事前準備も必要です。

疲れて帰ってきた仕事終わりに、毎日セルライトケアに1時間も2時間も時間をかけるのは難しく、継続するにはかなり根気がいるでしょう。

理由4・家庭用エステマシンは意外と高い

セルフでのセルライト除去には、家庭用エステマシンを使用する方法も考えられます。効果が高いと人気のエステマシンになると、中々の値段がするのです。

参考までに、セルライト除去に効果的なエステマシンを集めてみました。

美ルルキャビアップ<belulu Caviup> 29,800円(税抜)
  • 家庭用キャビテーションマシン
  • 手の平サイズで持ち運びに便利だが全身のケアをするには時間がかかる
  • 1,980円の専用ジェルが別途必要
YA-MAN|キャビスパRFコア 45,000円(税抜)
  • キャビテーション・RF・EMSの3つのアプローチが出来る
  • セルライトケアに向いた家庭用ダイエットマシン
  • 2,900円(1ヶ月分)のボディゲルが別途必要
LMH35-5 in 1コンパクト家庭用キャビテーション 67,999円(税込)
  • キャビテーションとRFの2つのアプローチが出来る
  • サロンに近い効果が売りだが、家庭用の為即効性はサロンより劣る
  • キャビテーション用のジェルは必須

これらの価格帯を高いと思うかには個人差があるでしょうが、しっかり続けられるか分からないものに数万円は考え物です。ちなみに、キャビテーションやRFで効果的なお腹と両足のケアをするには、およそ二時間程かかります。

時間はかかりますが自分でマッサージをするだけよりは、マシンを使用した方が高い効果が望めるでしょう。ただし、血行が良くない人や毎日脂っこいものを食べる人等は、これ1つで痩せられるというものでもありません。

【難易度別】セルライト除去で安全に高い効果を出すための方法

素人のセルライト除去マッサージは、やり過ぎると内出血等の怪我の原因となりますし、優しくマッサージした位では、まるで効果がありません。

では、安全かつ高い効果でセルライトを除去するにはどうすれば良いのでしょうか?自分で出来る方法も含め、難易度別に紹介していきます。

難易度高・家庭用エステマシンを数種類購入する

お金がかかっても良いから自宅でセルライトを除去したい…という人にオススメなのが、家庭用のエステマシンを複数台購入する事です。セルライト除去用のマシンだけを使っても、頑固なセルライトは中々消えてくれません。

しかしエステサロンと同じ様に、様々な痩身マシンを組み合わせてケアを行えば自宅でもセルライト除去が出来ます。

セルライトエステのコースで多く使われる以下の4つを同時に使えば、かなり効果的です。

  • ゲルママット(血行促進する)
  • キャビテーションマシン(脂肪を破壊する)
  • ラジオ波マシン(脂肪の排出を助ける)
  • EMSマシン(筋肉をつける)

しかし、これら全てを購入すると数十万円~かかってしまうので難易度は高いです。

難易度中・食事制限+運動+マッサージ

セルライト除去と聞くと、マッサージやセルライト潰しのイメージが思い付く方が多いでしょうが、それだけでは頑固なセルライトを落とす事は不可能です。

マッサージでは除去できないセルライトは、食事制限や運動で体脂肪を落とし筋肉をつける事で除去しやすくなります。

自宅での除去を考えるのであれば、以下の事をするのが効果的です。

  • 脂っこいものは控えて低カロリーの食事をとる
  • 有酸素運動と無酸素運動で筋肉をつける
  • 日頃から血行を良くし、冷え性の改善に努める
  • お風呂上がりにセルライト除去マッサージをする

お金をかけずにセルフでセルライトを除去したければ、この位の努力は必要なのです。

難易度小・セルライト除去エステに通う

安全で効果的にセルライトを除去する最適な方法は、セルライト除去エステに通う事です。マッサージ1つを取っても、自分でやるのとプロのエステティシャンにやって貰うのでは大きな差が出ます。

エステと聞くと、かなり高いのでは…と思う方もいるかもしれません。しかし最近のエステは価格競争が激しい為か、月額制の導入や体験コース等、かなりリーズナブルに受けられます。

以前よりも敷居が低く、難易度も低いセルライト除去エステのメリットは以下の通りです。

早い効果で安く終わる

セルライトは痩せていても出来る為、セルライトが気になっている人の中には、痩せ体型~やや肥満の方も多いです。30キロ以上の減量が必要等といった場合でなければ、セルライト除去は意外に早く終わります。

短期間で痩せる為のブライダルエステがありますが、しっかり通えば1ヶ月~半年程で満足のいく効果を得られる人がほとんどです。高い家庭用エステマシンを購入するよりずっと安く済みますよ。

大きな努力は必要ない

セルライトを自宅ケアで落とそうとすると、食事制限・運動・マッサージ・体質(冷え性)改善といった様にかなりの努力が必要です。

しかし、コースになっているセルライト除去エステを受ければ、寝ながら施術を受けるだけで高い効果が得られます。ハンドマッサージやマシンでのセルライト除去が出来るのは勿論、食事制限や運動をせずにそれと同じだけ脂肪を落とせるのがエステなのです。

部分痩せが可能に

セルライトは脂肪の多い、太もも・二の腕・お腹につく事が多いです。もしも自宅でセルライトを落とせても、その様な痩せにくい部位の部分痩せをする事は難しいでしょう。しかし、エステなら凸凹のセルライトを落とすと同時に太ももやウエストの部分痩せが可能なのです。

モチベーションを保てる

ダイエットは辛いものです。特に効果の出にくいセルライトケアは、一人でやるのが大変でしょう。

しかし、エステに通えばエステティシャンが心強い味方となってくれます。施術をしてくれるだけでなく、自宅ケアのアドバイスをくれたり効果が出た時には褒めてくれるので、モチベーションが保てるのです。

セルライト除去はエステでプロに任せよう

頑固なセルライトを自宅で完全に除去するには、かなりの努力やお金が必要です。時間をかけて成長したセルライトは、同じ様に長い時間をかけなくては落とせません。

セルライト除去はエステでプロに任せて、ササッと落としてしまいましょう。セルライト除去エステを受けると、体脂肪を落とせる、血行が良くなり健康になれる、ツルツルの美肌が手に入る、等セルライト以外にも嬉しい効果が得られます。

エステでセルライトを無くした後に、新たなセルライトが出来るのを予防するには自宅でのケアも効果的です。まずは、自分のセルライトがどの程度のものなのかを判断する為にも、エステのカウンセリングや体験コースを受けてみてはいかがでしょうか。

 

RANKING
痩身サロン人気ランキング

POPULAR
人気の記事

1
痩身エステを徹底比較!おすすめランキング第1位はどこ?
痩身エステ
31231views
2
おすすめはどこ?ブライダルエステ人気ランキング発表!
痩身エステ
21239views
3
1週間でお尻痩せ! 短期間で簡単にお尻を小さくするダイエット法
部分痩せダイエット
10608views
4
キャビテーションのやりすぎは危険?副作用と体に与える影響
痩身エステ
9115views
5
エステの脚やせ効果を調査!おすすめの安いエステはどれ?
痩身エステ
8757views
ページのトップへ