ダイエット総合情報サイト|くびれ 痩せて理想のスタイルへ!
ダイエット総合情報サイト-くびれ
くびれ > ダイエットサプリ

ダイエットサプリの効果を調査!おすすめのサプリはどれ?

ダイエットサプリ

おすすめサプリを発表!ダイエットサプリの効果を解説

生活に簡単に取り入れられるダイエットサプリでいざダイエットを始めようと思っても、ネット通販や薬局で販売されている商品も多く、どのダイエットサプリがおすすめなのかわからない人も多いのでは?

そんな悩めるダイエット女子のためにくびれ編集部がダイエットサプリの効果と、効果的な飲み方やダイエット効果が出にくい人の特徴や原因を解説します!

さらにおすすめのダイエットサプリを一覧にして発表します。これからダイエットサプリでダイエットを始める人に必見な情報が満載になっています!

目的&効果別ダイエットサプリの種類を徹底解説

ダイエットサプリの効果

ダイエットサプリと一言で言っても実は効能や目的ごとに様々な種類があります。ダイエット方法によって選ぶサプリも変わるので、まずは効能や目的別にサプリの種類をご紹介します。

脂肪燃焼系ダイエットサプリは、体脂肪の燃焼をサポートしてくれるダイエットサプリメントです。
代謝を上げるための成分や、脂肪の分解をサポートする成分が豊富に含まれています。

脂肪燃焼系サプリメントの効果を最大限に発揮させるためには、適度な運動と組み合わせることが重要です。
燃焼系サプリメントの効果で代謝が上がり、痩せやすい状態になったとしても、運動による脂肪燃焼がなければ体脂肪を分解することはできないからです。


カロリーカット系ダイエットサプリは、脂質や糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑制する効果を期待できるサプリメントです。

カロリーカット系ダイエットサプリの効果を高めるには脂肪吸収抑制だけでなく、食事による摂取カロリーが消費カロリーを超えないようにすることが重要になってきます。

サプリメントを飲んだからと言って、いくら食べても太らないわけではなく、必要以上の摂取カロリーになるといつまで経っても体重は減りません。

普段の運動量や基礎代謝の個人差にもよりますが、1日の消費カロリー目安は「体重×30」で大雑把には計算できます。年齢や性別など厳密に考えない場合、体重が50kgの人は、50kg×30=1,500kcalが1日の消費カロリーの目安です。
1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにした上で適度な運動をすると、カロリーカット系ダイエットサプリの効果はより一層期待できます。


食欲抑制系ダイエットサプリは、空腹を感じさせる摂食中枢に働きかけて、食欲をコントロールするダイエットサプリメントです。

しかし、食欲抑制ダイエットサプリにはカロリーカット系ダイエットサプリのように摂取カロリーを抑える効き目はないため、食欲抑制ダイエットサプリを飲んだからと言って食べ過ぎてしまうと意味がありません。食欲抑制ダイエットサプリを飲みながら食事量を自身で管理することが大切です。


腸内環境系ダイエットサプリは、腸内環境を整えることで、代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくする効果と、老廃物の排出をサポートする効果が期待できます。

腸内環境系ダイエットサプリは、継続して飲まなければ効果を得にくいといわれています。腸内細菌が腸内に滞在する期間は約1週間と言われているため、継続的に摂取して、整った腸内環境を維持できるようにしましょう。

特にビフィズス菌や乳酸菌は胃酸に弱いという性質があるため、胃酸の分泌が少なくなる食後か就寝前に飲むとより効果的といわれています。


むくみ対策系ダイエットサプリ

むくみ対策系ダイエットサプリは、血液の流れを良くしたり血中の塩分濃度を抑えることで、むくみにくくする効果が期待されるサプリメントです。

むくみ対策系ダイエットサプリの効果を高めるには、マッサージや運動と組み合わせましょう。血液の流れが良くなると代謝も良くなると言われており、運動と組み合わせることで気になる部位の脂肪が効率的に燃焼されるようになります。

むくみ対策系ダイエットサプリは、むくみが気になる朝起きたときや仕事が終わる夕方といったタイミングで飲み、軽くストレッチをして体を動かせば一層効果が期待できます。


漢方は配合される生薬によって、便秘の解消や冷え性の改善といった様々な効果が期待できます。

数ある漢方の中で脂肪燃焼や便秘解消、むくみの改善に効果が期待でき、ダイエットに向いているといわれているのは防風通聖散という漢方です。

ただし、防風通聖散には便秘の改善に効果的な生薬が多く含まれているため、便秘の悩みがない人は2/3処方や1/2処方の防風通聖散から試してみましょう。

便秘の悩みで高い効果を実感したい場合は、生薬が最大限まで配合されていることを表す満量処方という記載がある防風通聖散がおすすめです。


ダイエットサプリ人気記事

ダイエットサプリは即効性ある?効果を実感できるのはいつ?

ダイエットサプリの即効性

ダイエットサプリを飲んだからといって、すぐに期待した体脂肪や体重が減少する効果が出るわけではありません。
ダイエットサプリには、医薬品のような即効性はないため、効果を実感できるまで最低でも3ヶ月間は継続してサプリメントを摂取しましょう。

個人差はありますが、一般的には新陳代謝によって体の細胞が入れ替わる期間の目安は3ヶ月程度と言われています。ダイエットサプリを飲んでも効果を実感できないとすぐに諦めるのではなく、新陳代謝を考慮して3カ月を目安に摂取することをおすすめします。

また、運動をすることで代謝が上がると細胞が活性化され老廃物を排出し、新しい細胞へ作り替える体のメカニズムが働くので、早く効果を出したい人は積極的に運動をしましょう。

そして睡眠中は成長ホルモンが分泌されるので、睡眠をきちんと取ることでダイエットサプリの栄養素の吸収が良くなり、より効果を発揮することが期待できます。

ダイエットサプリの効き目を実感できない時は?

長期間ダイエットサプリを飲んでも効き目がない、体重に全く変化がないという方は、摂取カロリーが消費カロリーを上回っている可能性があります。

必要以上にカロリーを摂取すると、せっかくダイエット系サプリメントの効果で消費カロリーが多くなったとしても、摂取カロリーが上回ってしまい、体重は減りません。

また、脂肪燃焼を助けるサプリメントを飲んでいても、運動をしていないと消費カロリーは増えないため、ダイエットサポートの効果はありません。

燃焼系サプリを継続的に摂取しているのに効果が出ていないと感じる場合は、運動量を増やしてみるか、別の運動を試してみると良いでしょう。

脂肪燃焼サプリに含まれているカプサイシンやカルニチンには体脂肪を分解し、エネルギーとして消費しやすい状態を作り出してくれる働きがあります。

エネルギーを効率的に燃やすためには、30分以上持続できる運動(有酸素運動)との相性が良いので、燃焼系サプリを飲むときは、ランニングやジョギング、水泳といった運動と組み合わせることをおススメします。

そして体脂肪を効果的に落とすポイントとして、代謝を上げる効果のあるサプリメントを飲んで基礎代謝が上昇しても、筋肉量が少ないと脂肪燃焼があまり行われません。
ほどよい筋肉をつけることで、基礎代謝がアップして脂肪燃焼効率が上がり、痩せやすい体をつくることができます。

筋肉を効率的につけるのであれば、筋トレ前にHMBサプリ、筋トレ後にプロテインを摂ると効果的に筋肉を増やすことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイエットサプリは継続が大切!三日坊主は今日で卒業

ダイエットサプリの効果を得るには、含まれている成分にあわせて正しい飲み方をして、効果アップのための運動を組み合わせることが大切です。
また、短期間で痩せようとせずに最低3ヶ月は飲み続けましょう。

長期間飲み続けてもダイエット効果がない場合は、運動量や摂取カロリーの関係を見直してみてください。
自分に合った食生活や運動を見つけることで、今までよりも適切にカロリーを消費できるようになり、ダイエットサプリメントの効き目をより実感できるようになるはずです。

ほしいのは効果だけ!ダイエットサプリの気になる副作用

ダイエットサプリの副作用

ダイエットサプリを飲むときに気になるのが副作用!ダイエットサプリで体調を崩すことはある?飲んではいけない危険な成分はある?といった疑問も多いと思います。

日本のダイエットサプリは、厚生労働省の許可を得て販売されているため、命を落とすような危険性はありません。

しかし、海外のダイエットサプリには日本で認められていない成分を含んでいる場合があるため、使用する際は注意が必要です。

ここでは、ダイエットサプリを飲むことで起こる可能性がある副作用や、副作用が起きないよう注意すべき成分について解説します。

ダイエットサプリで起こりうる副作用

ダイエットサプリは医薬品ではなく健康食品なので、原則として副作用はありません。

しかし、ダイエットサプリに含まれている成分によっては、体調に変化が起こる場合があります。
ダイエットサプリによる主な副作用は下記のとおりです。

副作用の症状 原因と対策
頭痛 ダイエットサプリを大量に飲んだ場合など、頭痛を引き起こすことがあります。
摂取する成分によっては血行に変化があり、急な血流の流れが原因で頭痛に繋がるためです。

また、自然由来の成分でも、摂取しすぎると頭痛の症状を引き起こす可能性があります。ダイエットサプリを飲む際には、用法・用量を守ることが大切です。
吐き気 ダイエットサプリを飲みすぎると、吐き気が起こる可能性があります。海外のダイエットサプリには用量が記載されていない場合がありますが、過剰に飲みすぎないよう注意しましょう。

また、ビタミンの取りすぎで起こる「ビタミン過剰症」という症状では、吐き気が起こります。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、ビタミンの取りすぎによる弊害を防ぐため、摂取量上限を設定しています。

ビタミンは体に良いイメージがありますが、摂取しすぎると健康に悪影響です。吐き気が生じた場合には、ダイエットサプリの使用を控えるようにしましょう。
下痢 ダイエットサプリに含まれる成分によっては、下痢を引き起こす場合があります。ビタミンCやマグネシウムなどの成分は、摂取しすぎると下痢になる可能性があるため注意が必要です。

また、サプリに含まれる成分が体質に合わず、アレルギー反応として下痢の症状を引き起こすこともあります。
食物アレルギーがある方は、サプリメントに含まれる原材料を確認した上で飲むようにしましょう。
発疹・喘息 ダイエットサプリに含まれる成分により、アレルギーを持っている方は発疹、喘息などの症状が起こる場合があります。

特に、酵素サプリはハーブの成分を含んでいるものがあり、花粉症の方や食物アレルギーの方はアレルギー症状が現れる可能性があります。
肝機能障害 肝機能障害とは、肝臓の機能が低下する症状のことです。肝機能障害が起こると、食欲不振や疲労感を感じるようになります。

特に「ウコン」「シナモン」「コンフリー」には肝機能障害の原因となる成分が含まれているため、過剰摂取は避けましょう。

また、長期間サプリメントを服用していると肝臓が疲れてしまい、肝機能障害が起こることがあります。
食欲不振や疲労感を感じた場合は、ダイエットサプリの使用を控えましょう。
甲状腺障害 甲状腺障害は、体内の「甲状腺ホルモン」をつくる働きが異常を起こす症状です。体調不良を起こしたり、疲れが溜まりやすくなったりします。

海外の違法サプリメントなど、甲状腺障害を引き起こす可能性があるサプリメントは厚生労働省が注意喚起をしています。
一例では、甲状腺を害する成分によってバセドウ病を引き起こし、死亡した事例もあります。
抑うつ・精神障害 海外製のダイエットサプリでは、覚せい剤に似た成分が使用されていることが原因で、幻覚・知覚障害・不安症といった症状が報告されています。
いずれも一種の薬物中毒の症状です。海外製のダイエットサプリで、食欲不振や不快症状が現れたらすぐに使用をやめましょう。

副作用を防ぐ!注意したい成分

日本のダイエットサプリは、厚生労働省から許可を得た上で販売されています。

しかし、海外のダイエットサプリには、日本で許可されていない「副作用を起こす危険な成分」が含まれている場合があるため注意が必要です。

安全にダイエットを行うために、副作用の危険性が高い成分を紹介します。以下の成分が含まれるサプリメントは使用しないようにしましょう。

成分名 特徴
キャンドルブッシュ・センナ キャンドルブッシュ、センナとは、便秘茶やダイエット茶、ダイエットサプリで使用される植物です。これらの植物には下痢剤と同じ成分が含まれていて、便秘が悪化したり下痢になったり、お腹の不調を引き起こす場合があります。
ジアゼパム ジアゼパムは、神経症や心身症、うつ症状などに処方される向精神薬です。薬物依存、呼吸困難、肝機能障害、めまい、食欲不振、排尿障害といった広範囲の副作用が報告されています。
マジンドール マジンドールは、中国産やタイ製のサプリメントに含まれていることがある成分です。肺高血圧症や抗うつ、幻覚、精神障害といった覚せい剤中毒症状に似た副作用があります。
エフェドラ・エフェドリン・ゼナドリン エフェドラ、エフェドリン、ゼナドリンは、脳出血や心筋梗塞が確認されており、死亡例が800件以上も報告されている危険な成分です。海外製のダイエットサプリメントに含まれているため、ダイエットサプリを個人輸入する場合は注意が必要です。
シブトラミン・カヴァ 脳に働きかけて食欲を制御する化学成分シブトラミンは、血圧上昇、心拍増加といった副作用が確認されており、心臓への負担が大きいことが原因で死亡例もあります。日本では未承認の成分です。
カヴァは食欲抑制効果が高い植物です。肝障害の副作用を引き起こす可能性があり、日本では医薬品として規制管理されています。

ダイエットサプリと薬の併用は医師に相談する

ダイエットサプリに含まれる成分と薬の組み合わせによっては、薬の効果が低下したり体調を崩したりする可能性があります。

病院で処方される薬を飲んでいる方は、ダイエットサプリと併用して良いか、必ず医師に相談しましょう。また、ドラッグストアなどで販売されている市販薬を服用する場合も、併用して良いか店頭で確認しましょう。

ダイエットサプリの副作用は防げる!

ダイエットサプリに使用されている成分によっては、健康に甚大な被害を及ぼす可能性があります。
海外製のダイエットサプリは副作用の危険性が高い成分が含まれていることが多いので、輸入品には手を出さないように注意が必要です。

日本で販売されているダイエットサプリでも、飲みすぎやアレルギー、健康状態などによって体に悪影響が出ます。少しでも異常を感じたら使用を控えましょう。

そして、現在服用中の薬があるときは、その薬との相性によって体調を崩す可能性があります。サプリメントを服用する前に薬を処方してくれている医師に相談しましょう。

ダイエットサプリを飲むタイミングと効果的な飲み方は?

ダイエットサプリの飲み方

ダイエットサプリは薬ではなく食品扱いなので、飲むタイミングの情報は商品パッケージに表示されていません。
好きなタイミングで飲んで良いとされていますが、ダイエットサプリメントに含まれている成分によっては、適切なタイミングで飲んだほうがより効果が期待できます。

ここでは、ダイエットサプリの種類や成分ごとに飲むタイミングを解説します。


胃の働きが活発なときに吸収されやすい成分は食事中や食後に摂取する、運動中に作用するサプリメントは運動前に摂取するというふうに、適切なタイミングで飲むことでダイエット効果を高められます。

脂肪燃焼系ダイエットサプリ

脂肪燃焼系ダイエットサプリは、食前か食後、運動開始の30分前に摂取すると一層の効果が期待できます。

オルニチンのようなアミノ酸が含まれているサプリは、運動前に摂取すると筋肉の分解を抑える効果を発揮するといわれています。アミノ酸が含まれているサプリメントは、筋肉を増やして代謝をアップさせるのが目的なので、筋力トレーニングの前に飲むのが良いとされています。

カロリーカット系ダイエットサプリ

カロリーカット系ダイエットサプリは、食前30分ほど前に飲むのが適切です。

カロリーカット系ダイエットサプリには、糖質の吸収を抑制したり食欲のコントロールに作用するといわれるギムネマという成分が含まれています。カロリーカット系ダイエットサプリは食後に飲んでも問題はありませんが、食前に飲むほうが食べる量をコントロールすることにも繋がるので、一層効果が期待できます。

食欲抑制ダイエットサプリ

食欲抑制系ダイエットサプリは性質上、食前に飲まなければ効果は期待できません。
しかし、食事で摂取した糖質や脂質の吸収を阻害するカロリーカット系ダイエットサプリのような効果は期待できないので、食べ過ぎないことが大切です。

腸内環境改善ダイエットサプリ

腸内環境調整系ダイエットサプリは、食後や就寝前に飲むのが効果的です。
定期的に飲んで腸内環境を整えるサプリなので、継続してサプリを飲んでいればどの時間帯に飲んでも特に問題はなく、効果は持続します。

腸内環境調整系ダイエットサプリに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸に弱いという特徴があります。食後は胃酸が薄まっており、乳酸菌やビフィズス菌が殺されることなく腸まで運ばれやすいため、食後に飲む方が一層効果的になります。

また、夜間は乳酸菌の働きが活発化するため、就寝前に飲むことも効果的だとされています。
ただし、胃酸が濃い状態の空腹時に飲むと、腸に到達する前に菌が死滅する可能性があるため、食後2時間以内に飲むようにしましょう。

成分によって違う?ダイエットサプリを飲むタイミング

ダイエットサプリに含まれる成分によって、サプリメントを飲むタイミングは変わります。
より一層の効果を発揮するために、飲むタイミングは成分ごとに正しく把握しましょう。

成分名 タイミング
酵素 酵素サプリは、食前、食後、運動前、就寝前というふうに、さまざまなタイミングで飲むことが可能です。
飲むタイミングで体に与える効果が変わるといわれているので、飲む際には自分の目的にあった時間帯に飲むようにしましょう。

食前:食事の吸収を手助け
食後:食事の消化をサポート
運動前:運動中の代謝を補助し脂肪燃焼しやすくする
就寝前:睡眠中の代謝を補助し脂肪燃焼しやすくする
乳酸菌・ビフィズス菌 腸内環境改善ダイエットサプリで紹介したとおり、胃酸によって金が死滅しないように、食後や就寝前に飲むと効果的です。
胃酸の強い空腹時を避ければ、いつ飲んでも問題はありません。
アミノ酸 アミノ酸が配合されているサプリは、筋力アップに繋がるように、運動前の30分以内に飲むと効果的です。
アミノ酸は、脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化させてくれるので、運動中の脂肪燃焼が効率的になります。
アミノ酸やクエン酸が含まれている黒酢のサプリメントに関しても、運動前に飲むとより脂肪燃焼効果が高まります。
αリポ酸 αリポ酸が配合されているサプリは、食べ物と同時に飲むと吸収率が低下するといわれています。
そのため、食事の影響を受けにくい食事の30分以上前か、空腹時に飲みましょう。
DHC・EPA DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、食後すぐに飲むのがおすすめです。
食後はDHAとDPA(ドコサペンタエン酸)を消化しやすく、血糖値に作用する効果を高められます。
また、DHAとEPAは、水に溶けにくく油に溶けやすいという性質を持った不飽和脂肪酸です。特に食後すぐ体内に取り入れると吸収しやすいため、食後が最適だといえます。
脂溶性ビタミン 脂溶性ビタミンは、油に溶けやすいビタミンです。
食べ物に含まれる油が胃の中に残っている食後すぐに飲むと効果が高まります。

主な脂溶性ビタミンはビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKといわれています。
水溶性ビタミン 水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンです。
水溶性ビタミンは、消化と吸収が活発な食後に飲むと良いでしょう。
許容量を超えて体に摂り込めなかった分の水溶性ビタミンは尿で排出されます。
そのため一度に大量に摂取せず、毎食後に飲むと効率的に体に摂り込むことができます。

主な水溶性ビタミンは、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンB7、ビタミンB9、ビタミンB12
カルシウム カルシウムは、シュウ酸やリン酸と一緒に摂ると体内に吸収されにくくなるので、食事と一緒に摂取しないほうが効果を発揮すると言われています。
またカルシウムは、アルカリ性で胃酸を中和する性質を持つので、消化不良になる可能性もあります。
上記の性質を考慮するとカルシウムは、食後2時間以上の時間を空けてから飲むようにしましょう。
マグネシウム マグネシウムはカルシウムと同じくアルカリ性で胃酸を中和してしまうので、食事と一緒に摂ると体内に吸収されにくい性質を持ちます。
胃酸が機能しなくなって消化不良を招く可能性もあるため、食後2時間以上の時間を空けてから飲みましょう。
カプサイシン カプサイシンは、空腹時に摂取すると胃や腸に負担がかかり、効果的に吸収されなくなります。カプサイシンが含まれるサプリメントは、食後に飲むようにしましょう。
しかし、同じカプサイシンが含まれているダイエットサプリでも、製品によっては食前に飲んだ方が効果的なサプリもあるので、食前に飲む場合は多めの水かぬるま湯で飲むようにすると、胃に負担をかけずに済みます。

ダイエットサプリを飲むときの飲み物

ダイエットサプリメントは、メーカーの公式サイトなどで確認するとわかるように、一般的には水で飲むことを推奨しています。
水以外の飲み物でダイエットサプリを飲むと、飲み物に含まれる成分によってダイエットサプリの効果が薄れてしまいます。

コーヒーやお茶で飲まないようにする

食事中にお茶を飲んだり、食後にコーヒーを飲んだりする方も多いと思いますが、ついつい習慣でお茶やコーヒーと一緒にサプリメントを飲んでしまう人は注意が必要です。
お茶やコーヒーにはカフェインやカテキンが含まれていますが、カフェインやカテキンはダイエットサプリに含まれる成分の吸収を妨げる可能性があります。
特にコーヒーはカフェイン量が多いため、コーヒーと一緒にダイエットサプリを飲んでしまうと、効果が著しく減る可能性があるので飲まないようにしましょう。

ジュースで飲むのもNG

健康のために野菜ジュースやフルーツジュースを飲んでいる方も多いと思いますが、ジュース自体の成分が健康に良くても、サプリメントの成分と組み合わせることで効果が減る可能性があるので注意が必要です。
ジュースでダイエットサプリを飲んでも基本的に悪影響はありませんが、ジュースに含まれる成分によってはサプリの成分が吸収されにくくなります。
健康に良い飲み物と、ダイエットサプリの組み合わせなら大丈夫と考える方も多いですが、できるだけ水で飲むようにしましょう。

お酒で飲むのも避けた方が良い

お酒、アルコール類とダイエットサプリを一緒に飲むと、サプリに含まれる成分の吸収が早くなり、摂取した成分がすぐ排出されます。
成分が体内に吸収されにくくなるため、ダイエットサプリをお酒で飲むのは避けましょう。
一部のサプリメントでは飲酒前や飲酒後に飲むことで、お酒で弱った体内の機能を回復させるものもあるようですが、一般的にはお酒と一緒に飲むことは推奨されていません。
しかし、ダイエットサプリに限って言えば、お酒と一緒に飲むメリットはありません。

食前にサプリを飲み忘れた場合

食前に飲むと効果のあるダイエットサプリを仮に飲み忘れた場合でも、食後に飲んで効果がなくなるということはありません。ダイエットサプリは医薬品のような薬ではないため、基本的にはいつ飲んでも良いとされています。ただし食欲抑制のためのサプリメントを食後に飲んでもあまり意味がありません。

ただし、食後に飲んだ方が良い成分、空腹時を避けた方が良い成分は、胃や腸に負荷を与えて消化不良の原因となったり、効果を半減させる可能性があるため、できるだけ効果的なタイミングで飲むことをおすすめします。

知っておいて損はない!ダイエットサプリ情報

1 2 3 4 6

Popularity
人気の記事

ダイエットサプリ
防風通聖散を徹底比較!防風通聖散ランキング第1位を発表!
6104views
ダイエットサプリ
ナイシトールZの評判はどう?効果と口コミを調査!
5958views
ダイエット基礎知識
30秒で慢性的な肩こりとだるさを改善できる錆取りストレッチがすごい
3724views
ダイエットサプリ
カロリーカットサプリランキング!おすすめ第1位を発表!
2456views
ダイエットサプリ
食欲抑制サプリランキング!おすすめ第1位のサプリはどれ?
2446views
ページのトップへ