ダイエット総合情報サイト|くびれ 痩せて理想のスタイルへ!
ダイエット総合情報サイト-くびれ
くびれ > 未分類 > 痩せる サプリメント 市販

痩せる市販のサプリメントはある?効果と選び方を調査!

どのサプリメントがいい?痩せる市販のサプリを調査!

市販のサプリメントは種類が多く、どのサプリメントを選べば良いかわからない方も多いと思います。

サプリメントは、商品によって含まれている成分が変わり、それによってどんな効果が期待できるか異なります。そのため、サプリメントの成分によってどんな効果があるか知り、自分に合った商品を選ばなければいけません。

今回は、薬局などで販売されているダイエットサプリの選び方、サプリメントの種類を紹介します。

市販のダイエットサプリの種類と選び方

ダイエットサプリには、下記のような種類があります。ダイエットサプリを選ぶ際には、自身のダイエット方法や目的に合ったサプリメントを選ぶことで、ダイエット効果を高められます。

体重を落とすためサプリメントを購入する方には、運動と組み合わせてダイエットを行う「脂肪燃焼系ダイエットサプリ」、食事から吸収される脂肪をカットしてくれる「カロリーカット系ダイエットサプリ」がおすすめです。

体重を維持したい、長期的にキレイな体型を維持したいという方には、「食欲抑制系ダイエットサプリ」「腸内環境系ダイエットサプリ」がおすすめです。

また、サプリメントは継続して飲むものなので、自身が飲みやすい形状を選ぶことも大切です。錠剤、カプセル、粉末、ドリンクの中から、毎日飲み続けられる形状のサプリメントを選びましょう。

市販の脂肪燃焼系ダイエットサプリはこれ!

「燃焼系」「代謝」などの説明がある商品は、脂肪燃焼系ダイエットサプリです。市販の脂肪燃焼系ダイエットサプリを探す際には、上記のような説明が記載された商品を選びましょう。

脂肪燃焼系ダイエットサプリは、脂肪燃焼の効果だけではなく「カロリーカット」「食欲抑制」の効果もある場合があります。脂肪燃焼の効果だけではなく、脂肪の吸収を抑えたい、食欲を抑えたいという方は、カロリーカットや食欲抑制効果のある成分も含まれている脂肪燃焼系ダイエットサプリを選びましょう。

市販の脂肪燃焼系ダイエットサプリ

脂肪燃焼サポートに効果の期待できる成分

脂肪燃焼系ダイエットサプリは、脂肪燃焼しやすい体をつくるためのサポートをしてくれるサプリです。サプリメントを飲むだけではなく、ウォーキングやジョギング、筋トレなどの運動と組み合わせることで効果を発揮します。

運動とサプリメントで健康的に痩せたい、筋トレをしてキレイに見える体をつくりたい方におすすめです。

脂肪燃焼系ダイエットサプリには、下記のような成分が含まれます。市販のダイエットサプリを購入する際には、脂肪燃焼に効果のある成分が含まれているか確認しましょう。

脂肪燃焼系ダイエットサプリに含まれる成分

カフェインには交感神経を刺激する作用があり、日常的にコーヒーを飲み続けると体脂肪の燃焼を促すことが示唆されています。

カプサイシンは唐辛子に含まれています。カプサイシンを摂ることで脂肪燃焼を促す褐色脂肪細胞が活性化される、胃の神経を刺激することで過食を防げるとされています。

L-カルニチンは赤身の肉に多く含まれる成分で、体内で脂肪酸を細胞へと運び、エネルギーとしての利用をサポートします。

L-オルニチンは体内で合成できるアミノ酸で、肝臓でアンモニアを解毒するときに生成されます。運動による疲労感の回復、脂肪代謝を助け、筋肉の合成を促進するとされています。

α-リポ酸は野菜や肉に含まれる成分で、糖質からエネルギーを作り出す過程で働きます。アメリカでは糖尿病対策として人気のサプリメント成分です。

あわせて読みたい記事

市販のカロリーカット系ダイエットサプリはこれ

カロリーカット系ダイエットサプリは、カロリーカット効果だけではなく、糖質カットや炭水化物カットの効果を含んでいる商品もあります。

甘いものや油っこいものをよく食べる方はカロリーカットや糖質カット、白米や麺類などの主食を食べすぎてしまう方は炭水化物カットを選びましょう。

市販のカロリーカット系、糖質カット系、炭水化物カット系サプリメントは、「カロブロック」「主食ブロッカー」など、商品名でどんな効果があるかわかりやすいです。薬局などでも自分に合った商品を見つけやすいでしょう。

市販のカロリーカット系ダイエットサプリ
  • なかったコトに!
  • ぱっくん分解酵母
  • カロブロック
  • DHC ギムネマ
  • DHC ニュースリム
  • DHC 主食ブロッカー

カロリーカットサポートに効果の期待できる成分

カロリーカット系ダイエットサプリは、脂肪の吸収を抑えて太りにくくするサプリメントです。食事量の制限をせず、体に取り入れられる栄養素をコントロールできます。あまり運動をしたくない方、外食などが多く食事の栄養素に偏りがある方におすすめです。

カロリーカット系ダイエットサプリには、太る原因となる血糖値の上昇を抑えてくれる下記の成分が含まれています。

カロリーカット系ダイエットサプリに含まれる成分

カテキンはポリフェノールの一種で、抗酸化力が高いという特徴があります。体脂肪を減らす作用があり、特定保健用食品でも「体脂肪が気になる人に適する」という表示が許可されています。

サラシアはインドの伝統医学であるアーユルヴェーダにおいて糖尿病の初期治療に古くから用いられてきました。有効成分であるサラシノールとコタラノールは糖の吸収を抑制し、マンジフェリンは肝臓での糖の再合成を抑制するといわれています。

ギムネマは葉の抽出成分に含まれるギムネマ酸が腸での糖の吸収を遅らせます。これによりインスリンの過剰分泌が抑えられて脂肪細胞に糖が運ばれにくくなるため、肥満防止になると考えられています。

あわせて読みたい記事

市販でおすすめの食欲抑制系ダイエットサプリ!

食欲抑制系ダイエットサプリは、脂肪燃焼系ダイエットサプリやカロリーカット系ダイエットサプリよりも商品の種類が少なく、薬局などで見つけにくいです。市販で購入できる食欲抑制効果が期待できるサプリメントは、下記のような商品があります。

市販の食欲抑制系ダイエットサプリ

薬局などで食欲抑制系ダイエットサプリを見つけられなかった場合、インターネットでサプリメントを探してみることをおすすめします。インターネットでは食欲抑制系ダイエットサプリの種類も多く販売されており、口コミや評判をすぐ確認できるので商品選びが楽です。

インターネット、通販で販売されている商品のうち、食欲抑制効果が期待できる商品は下記のような商品があります。

インターネットで購入できる食欲抑制系ダイエットサプリ

食欲抑制のサポート効果に期待できる成分

食欲抑制系ダイエットサプリは、空腹感を感じにくくさせて食べすぎを抑えてくれるサプリメントです。血糖値の上昇を抑える成分が含まれており、食後の満腹感が持続しやすくなる効果もあります。

いつも食事を食べすぎてしまう方、食欲を抑えて今の体重を維持したい方におすすめです。

食欲抑制系ダイエットサプリに含まれる成分
  • レプチン
  • ガルシニア
  • ギムネマ
  • カフェイン
  • グァバ葉ポリフェノール
  • チラコイド

ガルシニアは体脂肪の蓄積を抑制する効果があることが知られており、有酸素運動の30分以上前に摂ると脂肪燃焼が高まります。

ギムネマは朝刊での糖の吸収を送らせてインスリンの分泌を抑えるとされています。また、脂肪の吸収を抑える作用も確認されており、血糖値が高めで肥満の人に適しています。

グァバは熱帯アメリカ原産の低木で、果実はジュースやジャムに利用されます。グァバ葉ポリフェノールは特定保健用食品に用いられることもあり、食後の血糖値が気になる方に適した食品と許可されている、血糖値に効果的とされる成分です。

チラコイドは、ほうれん草に含まれる天然の成分です。光合成を行う葉緑体という組織に存在し、食べ物の消化吸収を遅らせたり、食欲を抑えたりという効果があるとされています。日本ではまだあまり有名ではありませんが、海外ではセレブの間でとても人気があり、雑誌でも特集が組まれるほどです。

あわせて読みたい記事

市販で人気の腸内環境系ダイエットサプリ

腸内環境系ダイエットサプリは、「乳酸菌」「ビフィズス菌」「ラクトフェリン」などの成分名が商品に記載されていることが多く、薬局などで探しやすいです。

ただし、乳酸菌は種類が多く、ケフィア菌、ラブレ菌、アシドフィルス菌などがあり、どのサプリメントを選べば良いかわかりにくいです。人の腸内粘膜組織には個人差があり、自分に合った乳酸菌は人によって異なります。そのため、まずサプリメントを試してみなければ、自分の体質に合った乳酸菌なのかわかりません。

腸内環境系ダイエットサプリを選ぶ際は、できるだけ複数の乳酸菌が配合されているものを選びましょう。乳酸菌の種類が多ければ、体に合いやすくなる確率は高くなります。1ヶ月程度飲んでみて、効果を感じられなければ他の乳酸菌サプリを購入し、自分に合ったサプリメントを探してみましょう。

市販の腸内環境系ダイエットサプリ
  • LIONラクトフェリン
  • DHC乳酸菌EC-12
  • ガセリ菌+乳酸菌

腸内環境改善のサポートに効果が期待できる成分系

腸内環境系ダイエットサプリは、腸内環境を整えて正しく老廃物が排出されるよう手助けしてくれるサプリメントです。腸内環境を改善することにより、代謝が良くなる、脂肪がつきにくい体になる、などの効果があります。

長期的に痩せやすい体をつくりたい方、健康的な体をつくりつつダイエットしたい方におすすめです。

腸内環境系ダイエットサプリに含まれる成分
  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • オリゴ糖
  • ガセリ菌
  • ラクトフェリン

乳酸菌はヨーグルトや漬物といった発酵食品の多くに含まれる、乳酸を作る細菌の総称です。乳酸菌は整腸作用、免疫力の向上、アレルギー症状の抑制効果のような幅広い効果があると報告されています。健康効果は乳酸菌の種類や株によって強さが違います。

ビフィズス菌は善玉菌の代表選手であり、老化との関連性もあるとされています。腸内でビフィズス菌が増えると便通が良くなり、腐敗物が減ります。

ビフィズス菌は乳酸菌ではありませんが、仲間として分類されることが多いようです。

オリゴ糖は胃や小腸で消化されにくい難消化性の糖です。排便回数や便の量を増やす整腸作用を持つ他、砂糖に比べて血糖値や中性脂肪を上げにくい、虫歯の原因になりにくいといった特徴があります。

ガセリ菌は整腸作用、コレステロールの低下作用、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果が確認されており、ダイエットに適した菌と言える菌です。

ラクトフェリンは糖タンパク質の一種で、ヒトの初乳にも含まれています。腸で溶ける特別な加工をしたラクトフェリンは内臓脂肪が提言することも確認されています。その他整腸作用、ピロリ菌の除去作用、歯周病抑制作用、肝炎の発症予防作用も期待されている成分です。

市販のサプリメントに関するまとめ

サプリメントには「脂肪燃焼系」「カロリーカット系」「食欲抑制系」「腸内環境改善系」の種類があり、自身のダイエット方法や目的に合わせて選ぶことが大切です。特に市販のサプリメントは、どの種類に該当するのかわかりにくいため、成分や効果を確認して購入しましょう。

サプリメントは薬局やコンビニで販売されていますが、一部の商品はインターネット限定で販売されています。市販のサプリメントはどれを選べば良いかわからない方は、口コミや評判を参考にできるインターネット販売の商品を選ぶと良いでしょう。

記事の監修
管理栄養士 片村 優美
大学卒業後、管理栄養士免許取得。
病院に勤務し、糖尿病や高血圧、腎臓病などの様々な疾患で悩まれる患者様に対して栄養指導などを行ってきました。
 

Popularity
人気の記事

ダイエットサプリ
防風通聖散を徹底比較!防風通聖散ランキング第1位を発表!
5571views
ダイエットサプリ
ナイシトールZの評判はどう?効果と口コミを調査!
3692views
ダイエットサプリ
カロリーカットサプリランキング!おすすめ第1位を発表!
1585views
ダイエット基礎知識
30秒で慢性的な肩こりとだるさを改善できる錆取りストレッチがすごい
1483views
ダイエットサプリ
ダイエットサプリランキング決定!最強ダイエットサプリはどれ?
1365views
ページのトップへ