ダイエット総合情報サイト|くびれ > > ハイパーナイフとキャビテーションは併用可能?効果と仕組みを解明!

ハイパーナイフとキャビテーションは併用可能?効果と仕組みを解明!

脂肪排出の強い味方!ハイパーナイフとキャビテーション、2つの人気マシンの違いについて徹底解明!

痩身エステで検索すると、必ず上位結果に上がってくるハイパーイナフとキャビテーション。ともに脂肪細胞への刺激での痩身を目的としたマシンになりますが、実際にその違いについて知っている人は少ないです。

「それぞれのマシンが、どうエステに良いのか分からない」「効果的に痩せるのはキャビテーションとハイパーナイフどっち?」このように、痩身エステを利用したいのに施術内容を決めることが出来ず、スタート地点で困惑してしまう人もいるでしょう。

今回はより有効な痩身エステを受けるため、ハイパーイナフとキャビテーション、この2つのマシンの実際の効果や施術内容の違いを詳しくご紹介します。

ハイパーナイフとキャビテーションの違いとは?

まず、ハイパーナイフはマシンそのものの名称になります。キャビテーションはマシンの名称ではなく、脂肪細胞に働きかける技術の名称になります。

このように、痩身効果のあるエステメニューの中での痩身マシンの名前技術方法の名前、という違いがあります。

次にエステの効果についてですが、キャビテーションとハイパーナイフはどちらも脂肪細胞に働きかけ、痩身効果を得ることを目的としていますが、その作用そのものに仕組みに大きな違いがあります。ハイパーナイフは、脂肪やセルライトを特殊な電磁波で温めて基礎代謝をアップさせ、脂肪燃焼作用を引き起こすマシンです。

一方で切らない脂肪吸引というキャッチフレーズで一躍人気マシンとなったキャビテーションは、脂肪細胞そのものを破壊することで痩身作用を引き起こすマシンとなります。

違いを要約すると、ハイパーナイフは脂肪を温めて代謝アップでの痩身キャビテーションは脂肪を細かくしてから排出することで痩身するものになります。

ハイパーナイフとキャビテーションの効果がでる期間に違いはあるの?

ハイパーナイフの方が即効性の効果があります。脂肪を温めて体の外へ排出しやすい状態にするため、1回の施術でもむくみが解消され、視覚的にも痩身効果を実感できる人が多いです。

ただし、ハイパーナイフは即効性はあっても持続性は弱いです。今まで通りの日常生活の中でハイパーナイフを1度受けたところで…小さくなった脂肪細胞が大きくなるのは時間の問題になってしまいます。

維持するために定期的にメンテナンスとしてハイパーナイフ施術を受けるか、自宅で行えるセルフケアと食事制限を徹底するなど、何らかのケアは必要になってきます。

その一方、ハイパーナイフとは全く異なる作用として…脂肪細胞を破壊してから体外へ排出するキャビテーション。この仕組みからすれば即効的な効果が期待できるシステムですが、実際のところ、痩身効果を実感できるまでは2~3ヶ月時間が必要になります。

部位や体質によっては1~2回の施術でも効果を感じる人もいますが、基本的には徐々に痩せさせることを目的としている痩身トリートメントです。また、キャビテーションのデメリットともなる…溶解した脂肪による肝臓への負荷リスクも避けるため、少しずつ数回に分けて施術を行っています。

少し前までは1パーツの痩身のために10回以上通うケースもよくありました。しかし、マシン自体も改良を重ねてきているので、今現在は1パーツあたり3回から6回あたりが目安になります。

ハイパーナイフとキャビテーションの施術の違いは?

ハイパーナイフは電磁波、キャビテーションは超音波による施術となります。電磁波により脂肪を温め、老廃物をと一緒に排出させるのがハイパーナイフで超音波により脂肪を破壊して排出させるのがキャビテーションになります。

一言でまとめれば同じように痩身効果があるマシンですが、その施術と効果にはこのような違いがあるのです。

ハイパーナイフのメリット・デメリットとは?

ハイパーナイフのメリットは脂肪を温めて溶かして排出するため、即効性のある痩身効果を短期間で実感できることです。たった1回の体験施術で大満足の結果になる人も少なくありません。

またハイパーナイフは電磁波で体を温めて代謝も上げる痩身方法になるので、基礎代謝アップにより痩せやすい体質作りができるだけでなく、冷え性・肩こり・疲労などの回復効果もあります。

ハイパーナイフには肌細胞活性効果が高くなることからコラーゲン生成の作用も強くなり、アンチエイジングの嬉しい美肌効果も期待できます。

デメリットとしては脂肪を溶かして脂肪細胞を小さくした結果での痩身となるので、リバウンドしやすいことです。

脂肪細胞が大きくなれば元の体型に戻ってしまいます。食事制限や有酸素運動でのダイエットと同じく、脂肪細胞を小さくする痩身方法となるので、通常ダイエットのようにリバウンドする危険性が付きまとってきます。そのため、効果を実感したその後も、継続的なメンテナンスとダイエット意思が必要になってきます。

キャビテーションのメリット・デメリットとは?

最大のメリットはリバウンドがしにくい痩身方法ということです。リバウンドは小さくなった脂肪細胞がまた大きく膨らむことで起きる現象です。キャビテーションは脂肪細胞を壊してその数を少なくしているので、膨らむ細胞そのものがなくなっている状態になるため、リバウンドしないダイエットと言われています。

キャビテーションは外科手術をともなう脂肪吸引のようにメスを使うことなく、痛みもなく、施術後のダウンタイムもないことから、切らない脂肪吸引として多くのダイエッターから絶大な支持を得ています。

デメリットとしては、基本的に1度の施術で痩身効果を実感できる即効性はないことです。

キャビテーション施術は視覚的に痩せたと認識できるまで時間を要します。回数を重ねて施術を行い、溶かした脂肪は体内で自然排出するため…結果がでるまでにどうしても時間がかかってしまうのです。

ハイパーナイフのように美肌効果や基礎代謝が上がる体質改善効果など、痩身以外の効果は得られないこともデメリットの1つです。また、リスクとして流れる脂肪により肝臓や胃に負担がかかることもあるので、アルコールやタバコも控える必要があるため、愛煙家やお酒好きの人には少しキツイかもしれません。

ハイパーナイフとキャビテーションの料金に違いはあるの?

サロンによって金額設定は異なりますが、一般的な相場としてハイパーナイフは1回5,000円~10,000円で、キャビテーションは1回10,000円~20,000円あたりになります。

キャビテーションの方が少し高めの設定となっており、場合によっては回数が必要になってくるので総額費用もかかってしまいますが、リバウンドリスクも少なく、確実性の高いその効果により…それなりに妥当と思える金額です。

ハイパーナイフとキャビテーションエステはどっちが良いの?

どちらもサイズダウン効果の実績がある信頼がおけるマシンになりますが、どちらかで悩んでいるのであればキャビテーションエステをおススメします。キャビテーションは脂肪細胞そのものへアプローチをかけているため、リバウンドのリスクが少なくなるからです。脂肪細胞を破壊するため、脂肪と老廃物の塊であるセルライトがつきづらくなることもキャビテーションエステがおすすめできる理由の1つになります。

ハイパーナイフの痩身効果では、脂肪細胞が小さくなっているだけでその数は減っていません。少し気を抜いたらあっという間に小さかった脂肪細胞が膨らみ、リバウンドしてしまう可能性も高くなってしまいます。時間がない人や、体質と生活改善でダイエット生活を継続していきたいという健康志向の人や、短期間でやせなければいけないというようなダイエット期間に限りがある人は、即効性の高いハイパーナイフをおススメします。

ただしキャビテーション、ハイパーナイフともに体質に合わないパターンもありますので、利用する際にはお試しや体験エステから利用する方が良いです。状況と目的をクリアしていたとしても、自分の体質とマシンそのものの相性が合わなかった。といったケースもあるので通常コースやプランを申込みする前に、体験で自分との相性チェックをすることも大切な選択ポイントになります。

ハイパーナイフとキャビテーションは併用できるの?

ハイパーナイフとキャビテーションの同時併用可能です。どちらも脂肪細胞への刺激となるマシンですが、その作用には違いがあります。余分な脂肪を排出して脂肪細胞を小さくする働きのハイパーナイフと、脂肪細胞そのものを破壊して溶解する働きのキャビテーション、この2つのマシンを併用することでよりダイエット効果が期待できます。

マシン同士の相性も良いので組み合わせて使用できるのであれば結果も早く付いてきます。しかし、キャビテーションとハイパーナイフの併用をセットメニューとして取り入れているエステサロンは少ないです。どちらかがメインとなっているメニューに、別途オプション選択で追加するタイプが多くなります。

費用も高めの設定になってきますが、価格相当の利用価値は実感できる最強の組み合わせになるため、痩せたい期間にリミットがあるなど、短期間で結果を出したい人にハイパーナイフとキャビテーションの組み合わせはおススメです。

お試しができる痩身サロン
 

RANKING
痩身サロン人気ランキング

POPULAR
人気の記事

1
痩身エステを徹底比較!おすすめランキング第1位はどこ?
痩身エステ
31231views
2
おすすめはどこ?ブライダルエステ人気ランキング発表!
痩身エステ
21239views
3
1週間でお尻痩せ! 短期間で簡単にお尻を小さくするダイエット法
部分痩せダイエット
10608views
4
キャビテーションのやりすぎは危険?副作用と体に与える影響
痩身エステ
9115views
5
エステの脚やせ効果を調査!おすすめの安いエステはどれ?
痩身エステ
8757views
ページのトップへ