ダイエット総合情報サイト|くびれ 痩せて理想のスタイルへ!
ダイエット総合情報サイト-くびれ
ダイエット総合情報サイト|くびれ > ダイエット漢方

漢方の効果と口コミを検証!漢方はダイエットにおすすめ?

漢方 ダイエット

ダイエットにおすすめの漢方は?効果と口コミを調査!

漢方は脂肪の燃焼や便秘の改善に効果があると同時に、ダイエットにも有効に作用すると口コミでも評判の医薬品です。 なぜ漢方は脂肪の代謝や便秘解消に効果的なのか?気になる漢方の効能とダイエットの関係性について調査しました。

漢方の具体的な働きだけではなく、漢方の効果を高める摂取方法やダイエットにおすすめしたい漢方薬の種類についても詳しくご紹介します。

これからダイエットに漢方を取り入れたいと考えている人は必見です。

漢方はダイエットにおすすめ?その理由を調査!

漢方とは芍薬(シャクヤク)や甘草(カンゾウ)といった植物の根、茎、葉また鉱物の石膏(セッコウ)といった自然に存在する複数の天然素材を配合した生薬です。

漢方薬として一般的なものは、風邪のひきはじめに効果のある葛根湯(カッコントウ)や麻黄湯(マオウトウ)が有名です。漢方は風邪の予防や症状改善のために飲むというイメージがありますが、漢方に期待できる効果はそれだけにとどまりません。

漢方医学では、人間の体は気・血・水の3つの力で成り立つとされており、この考えに基づき体の不調を整える作用のある素材を厳選して生薬にしています。

そのため漢方に含まれる生薬の効果は血流の促進や水分の排出、気持ちを鎮めるものと多岐にわたり、胃腸の調子や体内の代謝を高めて体質を改善する働きも期待できるのです。

漢方を飲んでいると、便秘やむくみだけでなく冷え性や生理不順といった体のトラブルも解消されるため、代謝の良い太りにくい体質に改善することができると考えられています。

たとえば、運動や食事制限で痩せない、肌荒れが目立つ、生活習慣は変えていないのに体重が増えてきたなど、そのような悩みをもつ人は、老廃物や余分な水分を溜め込む代謝も悪く、ダイエットが成功しない体質になっている可能性があります。

漢方は、体の不調を起こしている原因に働きかけて改善してくれる効果があるため、これまで運動や食事制限をいくら頑張っても痩せなかったという人や、体の調子を整えたいという人におすすめです。

ただし漢方の摂取にもいくつか注意が必要です。万能薬ではないため、どんな症状にも改善効果があるというわけではありません。 漢方は、ご存知のように防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)とその種類も豊富です。悩みに合わせた改善効果を期待するなら、それぞれに合う漢方を探す必要があります。

安易に漢方の口コミや体験談で評判の商品を選んでも、効果がなくては意味がありません。このため、どの漢方がどのような効果をもっているかを正しく理解して、悩みを解決してくれる、そんな漢方薬を選びましょう。

漢方は体質によって効きやすい人と効かない人がいる?

前述のように漢方の世界では、人間の体は気・血・水の3つから構成されるとしています。 気・血・水それぞれの持つ意味についてご説明します。

●「気」
目には見えないけれど、人間が生きていくうえでの原動力となるべきもの
●「血」
全身をかけめぐりながら、内臓など体のすべての部位に栄養を送り届けるもの
●「水」
食生活などから摂取される水分を吸収することによって、必要な形に姿を変えて体をうるおす

また、東洋医学では、これら3つの構成要素にはそれぞれに太るタイプがあるとされています。

●気太り
気の流れが悪いために起こる太り方のことを指します。気の流れが悪いと、自律神経の乱れやストレスをため込みやすくなります。暴飲暴食に走ったりするために太りやすくなるといわれています。
●血太り
血の巡りが悪いことで起こる太り方のことを指します。 血流が悪いときは、代謝も悪くなったり、脂肪が燃焼しにくくなるため、太りやすいとされています。
●水太り
なんとなく水分を多くとると太るイメージがある水太りですが、漢方の世界での水太りの定義とは、血液以外の体内の水分、体液が滞ることでむくみを引き起こしやすくなり太ると考えられています。

このように、漢方には独自のとらえ方や考え方があります。 漢方にはそれぞれの効能があるので、体質・目的にあった漢方をチョイスする必要があります。

ダイエット効果がある漢方はどれ?漢方の種類と効果を調査!

前述のように、漢方は体質によって選び方を変える必要があります。胃腸が弱い、のぼせやすい、貧血気味といった悩みによっても選び方が異なるため、ダイエット目的で漢方を利用する時は、それぞれの漢方の特徴をきちんと理解しておく必要があります。

ここではダイエット目的で漢方を利用している人の口コミで評価されている漢方の種類の中から、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、大柴胡湯(だいさいことう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を含む7種類の漢方薬について特徴を解説します。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散は、お腹周りについた脂肪を分解したり、燃焼させたりして体外へ排出させる効果のある漢方薬です。

防風通聖散にはトウキ(当帰)やシャクヤク(芍薬)といった血の巡りを良くし体温を上げる働きをする生薬などが18種類配合されています。この防風通聖散の生薬の配合の数は、ダイエット効果を期待できる漢方薬の中でも一番多い点が特筆すべきポイントではないでしょうか。

防風通聖散をおすすめしたいタイプは、便秘がちな上にお腹まわりに脂肪がついている方、肥満症の方です。

防風通聖散には体の代謝を高める効果があります。体内に溜まった余分な水分や老廃物を排出する作用もあるため、脂肪燃焼や便秘解消、むくみ、肌荒れの改善に効果が期待できるのです。

体の中に溜まっていた便や老廃物が排出されると、体内環境が改善されます。基礎代謝が高まるため、余分なエネルギーを吸収しない体質に変化させることも可能です。このような効果・効能により、防風通聖散はダイエットに有効な漢方とされています。

おすすめな人  便秘がち、
脂肪太り
注意が必要な人 胃腸が弱い、
汗をかきやすい、
高血圧、
心臓病、
腎臓病、
甲状腺機能障害
防風通聖散を試したいけれど、どの商品を購入するべきか悩んでいる、体に合うものを探しているという方はこちら。口コミで評判の防風通聖散を、3つの選び方にわけて比較しランキング形式にしました。 ›››防風通聖散を徹底比較!防風通聖散ランキング第1位を発表!
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防已黄耆湯は水分の排泄と胃腸の働きを活性化させる働きのある漢方薬です。水分代謝の促進効果があるボウイ(防已)ほか6種類の生薬が配合されています。

防已黄耆湯は、エネルギーや水分の代謝が悪いために下半身がむくむ、水を飲んでも排泄があまりない、下痢をしやすいといった体質の方におすすめしたい漢方です。

一つ注意したい点があります。普段あまり下痢をしないという人が防已黄耆湯と服用すると、便秘になる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめな人  むくみ、
肥満のために関節が腫れ痛む、
多汗症、
筋肉にしまりのない水太りによる肥満体質
注意が必要な人 普段あまり下痢をしない
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散は血の巡りをよくするシャクヤク(芍薬)や、水分の代謝異常を補うソウジュツ(蒼朮)など6種類の生薬が配合された漢方薬です。血流の促進と水分代謝を高める事で血行不良を改善し、冷え症やむくみだけでなく生理不順や生理痛といった女性特有の悩みを改善する効果があります。

ただし、当帰芍薬散を服用する際は以下の方に注意が必要です。当帰芍薬散は、胃腸が弱い人や、他の薬を服用した際に発疹やかゆみなどを起こした経験のある人は、服用できません。また、体質に合わない場合、にきびや吹き出ものなど肌の不調を引き起こす可能性も当帰芍薬散にはあります。

おすすめな人  冷え症、
むくみやすい、
月経不順、
更年期障害ほか
注意が必要な人 胃腸が弱い、
食欲不振、
胃部の不快感、
発疹
大柴胡湯(だいさいことう)

大柴胡湯は解熱や鎮痛の作用があるサイコ(柴胡)やハンゲ(半夏)など8種類の生薬が配合された漢方薬です。大柴胡湯にはストレスを緩和する働きのほか、食事で摂った脂質を代謝・排泄する働きがあります。

このため、大柴胡湯はストレスによる過食がやめられない、体脂肪が気になる肥満タイプの方におすすめの漢方です。

大柴胡湯には胃腸の働きを整える作用もあり便秘解消の効果が期待できますが、同時に体を冷ます働きも担っています。冷え症の人にはあまりおすすめできない漢方です。

おすすめな人  ストレスからくる肥満
注意が必要な人 胃腸が弱い、
食欲不振、
胃部の不快感、
発疹
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸はケイヒ(桂皮)やシャクヤク(芍薬)、トウニン(桃仁)など5種類の生薬が配合された漢方薬です。桂枝茯苓丸には血の巡りを整える効果があるため、冷え症や月経不順、生理痛など女性特有の症状の改善に効果を発揮します。

ケイヒ(桂皮)には、発汗や痛み止めの効果があり、シャクヤク(芍薬)には血を補う作用があります。トウニン(桃仁)には活血(血液の状態を良くすること)の働きがありますので、桂枝茯苓丸に調合されているそれぞれの生薬が、冷え性などの症状緩和に役立つ相互作用を果たしているのです。

また、足が冷えていても顔だけがのぼせやすいなど、更年期の症状にも効果があります。

おすすめな人  のぼせて足は冷える、
更年期障害
注意が必要な人 体力が衰えている、
体の弱い、
発疹・発赤、
かゆみ
六君子湯(りっくんしとう)

六君子湯はソウジュツ(蒼朮)やニンジン(人参)といった生薬を8種類配合した漢方です。六君子湯は、胃腸が弱い、疲れやすいなどの症状や、貧血のために冷え性となっている方におすすめです。

六君子湯は、六君子湯に六君子湯に配合されている生薬、ソウジュツ(蒼朮)に、整腸や利尿の作用があります。また、生薬のニンジン(人参)には滋養強壮の働きがあります。

六君子湯は、胃がもたれて食べられない方向けに処方される漢方ですが、ダイエットの目的としては、体内の環境を整え、不要なものをため込まない作用が期待できます。

おすすめな人  胃腸が弱い、
食欲がない、
貧血で手足が冷えやすい、
食欲不振、
胃痛、
嘔吐
注意が必要な人 薬の服用で発疹・かゆみ等を起こしたことがある
麻黄湯(まおうとう)

麻黄湯は、マオウ(麻黄)やキョウニン(杏仁)などの生薬を4種類配合した漢方です。

キョウニン(杏仁)には、便通を良くする作用があり、マオウ(麻黄)には、発汗や咳を鎮める効果があり、風邪薬に含まれることがあります。

マオウ(麻黄)には、エフェドリンというドーピング検査の規制物質に指定されている成分も含まれています。

エフェドリンには食物を摂取することで発せられるエネルギーを素早く燃焼させる効果があるため、ダイエット補助のためのサプリに含まれることもある成分です。

おすすめな人  鼻かぜ、
気管支炎、
鼻づまり
注意が必要な人 体力が衰えている、
体がもともと弱い

以上7種類のダイエットに効果的な漢方についてご紹介しました。上記のほかにも漢方には様々な種類があるので、選ぶ際にはどれが良いのか悩むところですね。 漢方を選ぶ際、第一に考えていただきたいのは自分の体質に合うかどうかです。漢方薬の効果は体質に左右されることが多いため、このことを第一に考えて選び取ることをおすすめします。

そして、そのためにはまず、自分は何で悩んでいるからダイエットに漢方を取り入れようとしているのか、ということも考えましょう。

不妊改善に効果の期待できる漢方があるって本当?

不妊はときに結婚後の夫婦にとってときに大きな悩みとなりますが、改善に効果的な漢方は存在するのでしょうか。

WHO(世界保健機関)や日本産科婦人科学会では、不妊期間の定義を1年としています。

不妊改善には、しかるべき専門の機関を訪ね、不妊治療の必要性を確認する必要がありますが、漢方の世界では、生活習慣や体質そのものにも着目して不妊の改善について考える傾向があります。

妊娠には定期的な生理というものが欠かせません。漢方の世界では、生理に関するトラブルや心身状態の改善に漢方薬が有効だと考えられています。

血行不良やストレスなどからくる不調、生理痛は冷えからくるとも考えられていますので、これらを改善する漢方の服用が症状の緩和に役立つとされています。

漢方の考え方では、血を補い、体を温めることが大切とされているため、体質改善にはこのような症状を改善する作用のある漢方を選ぶことが賢明です。

漢方による症状の改善を希望するときは、必ず漢方の薬剤師や漢方アドバイザーと相談しましょう。 体質と生活習慣など総合的に判断して、よりよい漢方薬を紹介してくれるはずです。

妊娠中にはどんな漢方はとってはいけないのか

日本の産婦人科では、妊娠中の女性に漢方の使用を推奨している産婦人科があります。妊娠中は特にお腹の赤ちゃんのことを第一に、服用するものの安全性について考える必要があるため、市販薬をむやみに使うことは控えなければいけません。

妊娠中は、辛いつわりなどの代表的な症状や、抵抗力が弱り風邪をひきやすくなったり、お腹への配慮から無理な体勢をしたことにより体に痛みが走ったりと、母体にさまざまな変化やアクシデントが起こります。

痛みや辛い症状の緩和には漢方を用いる産院も多くありますが、服用してはいけない漢方も存在します。 日本産科婦人科学会や厚生労働省では、妊婦は以下の生薬について気を付けるよう指示されています。

●麻黄(マオウ)
含有成分であるエフェドリンに交感神経を刺激する作用があり、血圧上昇や発汗、動悸などが起こる可能性があるとされています。
●甘草(カンゾウ)
血圧を上昇させるホルモン(アルドステロン)が増加していないにも関わらず、高血圧、むくみ、カリウム喪失などの症状があらわれる「偽アルドステロン症」を引き起こす可能性があるとされています。
●乳糖
漢方薬のエキス製剤と呼ばれる種類の漢方には、服用を便利にするため乳糖が使われていることが多くあります。牛乳を飲んで下痢などの症状を起こす乳糖不耐症の方は、乳糖への注意が特に必要です。

いずれの場合も、日ごろ医薬品を服用している薬がある場合は、処方される前に担当に医師に相談することが大切です。漢方を服用してなんらかの症状が出た場合は、すみやかに医師・薬剤師に連絡しましょう。 お腹の赤ちゃんを守るためにも、漢方服用の際は忘れずに相談することをおすすめします。

同様に、授乳中の方も、漢方の利用に注意する必要がありますので、服用を検討される際は、必ずかかりつけの医師に相談してから開始しましょう。

漢方に副作用の心配はある?

漢方薬は自然の生薬を配合した薬であるため、西洋医学と比べると信頼性も高く、安心・安全に使えるイメージがあります。服用の際は、副作用の心配はないと思わることが多い漢方ですが、体質に合わない場合などはそれに似た症状が出るときがあります。

具体的な副作用の例をご紹介します。 漢方薬に含まれる生薬には、お通じを改善する働きのある大黄(だいおう)や甘草(かんぞう)が含まれることが多くあります。体調がすぐれない人や胃腸が弱い体質の人がこれらの成分を摂ると下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。

以下は、先にご紹介した漢方薬に記載されている副作用の可能性による症状です。

漢方名 副作用
防風通聖散 肺炎・偽アルドステロン症・ミオパチー・肝機能障害・腸間膜動脈硬化症
防已黄耆湯 発疹・かゆみ・食欲不振・胃部不快感・間質性肺炎・肝機能障害
当帰芍薬散 発疹・かゆみ・食欲不振・胃部不快感
大柴胡湯 発疹・かゆみ・はげしい腹痛を伴う下痢や腹痛・質性肺炎・肝機能障害
桂枝茯苓丸 発疹・かゆみ・食欲不振・胃部不快感・肝機能障害
六君子湯 発疹・かゆみ・肝機能障害
麻黄湯 発疹・かゆみ・吐き気・食欲不振・胃部不快感・発汗過多・全身脱力感・偽アルドステロン症・ミオパチー

ただし、日本の漢方薬は日本薬局方のルールに従い製造されているので、正しく服用すれば安心・安全に使うことが可能です。効果を早く実感したいからといって1日の用量を守らず、大量に飲み過ぎることや、他の漢方薬や薬との併用は控え、心配なことがあれば必ず服用前にかかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

病院?薬局?漢方はどこで購入できる?

漢方のなかには、ご紹介したようにダイエットに有効なものがありますが、利用する際はどこで買うべきなのでしょうか。現在では、漢方薬は病院での処方だけでなく、ネット販売やドラックストアでも市販されているため、いつでも手軽に購入することができます。

では、ダイエットに有効な漢方薬はどこで購入するのが一番メリットがあるのか。通販・市販・病院で購入することのメリット、デメリットをそれぞれ比較しました。

表はスライドしてご覧いただけます
購入できる漢方の種類 メリット デメリット
通販
  • 防風通聖散
  • 防已黄耆湯
  • 当帰芍薬散
  • 大柴胡湯
  • 桂枝茯苓丸
  • 六君子湯
  • 麻黄湯
  • ・買いに行く手間が省ける
  • ・商品によっては割引や特典がある
  • ・通販限定の女性向け漢方がある
  • ・病院処方の漢方と比べると高い
ドラッグストア
薬局
  • 防風通聖散
  • 防已黄耆湯
  • 当帰芍薬散
  • 大柴胡湯
  • 桂枝茯苓丸
  • 六君子湯
  • 麻黄湯
  • ・いつでも買いに行ける
  • ・自分で選んで買うことができる
  • ・買いに行く必要がある
  • ・病院処方の漢方と比べると高い
  • ・女性向けに特化した漢方があまりない
病院
  • 防風通聖散
  • 防已黄耆湯
  • 当帰芍薬散
  • 大柴胡湯
  • 桂枝茯苓丸
  • 六君子湯
  • 麻黄湯
  • ・保険適用で価格が安い
  • ・いつでも購入できない
  • ・処方までに時間がかかる
  • ・診察費・交通費が必要
  • ・診断によっては処方されない

メリット、デメリットを比較した結果、ダイエット漢方を買うなら通販が一番お得かつ便利に購入できることがわかりました。

病院で処方される漢方は、病気を改善する事を目的として処方されるため、ダイエット目的で購入しようと希望しても診察の結果によっては処方されない場合があります。

時間とお金をかけて通院したのにもかかわらず無駄になる可能性もありますので、ダイエットに漢方を取り入れるなら、薬剤師や専門家に相談上、通販で販売されているものから試されることをおすすめします。

薬局やドラッグストアで市販されている漢方薬は、必要なときにいつでも買いに行けるというメリットがありますが、パッケージが中年男性をイメージした商品が多く、女性が購入する際には少し抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。

購入する際に周りを気にせず手に入れる事ができる点も漢方を通販で購入するメリットになります。防風通聖散で通信販売されいる漢方のなかには、生漢煎やEGタイトpureといった商品が販売されています。

生漢煎やEGタイトpureは、パッケージも女性を意識したデザインで、持ち運びや飲む際に便利な個装になっているなど、女性にも購入しやすい商品です。 そして生漢煎やEGタイトpureの商品には定期購入のコースが用意されており、通販サイトから申込むと、定期便の特典として初回や2回目以降に割引価格で買える特典がありますので、どこで漢方を購入するべきか迷うときは、定期コースでの購入をおすすめします。

漢方のダイエット効果を高める飲み方や方法は?

ダイエット向け漢方には、便秘やむくみといった、太る原因の解消に働きかける作用があります。このため、健康的に痩せやすい体質を作ることを期待できます。

漢方の効果をより高めるダイエットへの利用方法には、どのようなものがあるかをご紹介します。

満量処方の漢方を選ぶ

漢方薬は、1日に使用して良いとされる生薬の量が、生薬ごとにグラム単位で細かく決められています。 満量処方とは、1日に使ってよい生薬を最大まで使用して製造された漢方の事をいいます。

薬局やドラックストアで販売されている漢方をみると、満量処方のものは少ないのが現状です。満量の1/2処方、2/3処方といった商品がありますが、これは満量処方された漢方薬に対して、生薬量が1/2または2/3しか配合されていない事を意味します。

満量処方は、1日に飲んで良い生薬が最大限に含まれています。このため、漢方の利用でダイエットの効果をより高めたい時には、満量処方の漢方をチョイスしましょう。

満量処方の代表的な漢方

漢方は錠剤ではなく顆粒タイプ!飲む時はお湯で

ダイエットに適している漢方には顆粒タイプと錠剤タイプがあり、それぞれにメリットがあります。

漢方は植物の根や茎を乾燥させ配合しているため、独特の匂いや味があります。錠剤タイプは生薬の匂いや味を添加物で固めることにより抑える効果があります。 このため錠剤タイプの漢方は飲みやすい点がメリットですが、錠剤として固められている分、吸収するスピードが遅くなります。

顆粒タイプの漢方はは、錠剤と比べると味や匂いがする点が気になるところですが、すぐに飲めて水にも素早く溶けるので、体内への吸収スピードが錠剤に比べ早くなります。このため、ダイエットの効果を少しでも早く実感したい際は、顆粒タイプの利用をおすすめします。

また漢方薬はもともと煎じ薬として飲まれていて、お湯や白湯との相性が良いことが特徴です。特にお湯で飲むことは胃腸への負担を軽減し活発化するため、有効成分の吸収率を高める効果があります

顆粒タイプで人気の防風通聖散
食前?食後?漢方を飲むときはどっちが効果的?

漢方薬は、病院などで処方されるときに、食前の服用を進められることが多いですね。実際にはいつのむと効果が高まるのでしょうか。

漢方薬の販売大手、ツムラのサイトでは、漢方の服用のタイミングについて、朝・夕や昼・夕の食事前などに、生活リズムに合わせて利用することをすすめています。これは、配合される成分の吸収が食前のほうがスムーズに行われるからです。

ただし、1日2回服用と決められている漢方薬を飲み忘れた場合でも、次の服用時間まで6時間程度はあけるようにします。1日3回と服用回数が決められている場合は、4時間はあけて服用しましょう。 効果が高まりすぎることを避けるため、決められた用法、用量は必ず守りましょう。

漢方の効果はどれぐらいで実感できる?服用期間は?

漢方薬の効果は、いつ頃実感できるものなのでしょうか。それぞれの漢方薬に分けて詳しく解説します。

ツムラが販売する防風通聖散を例に紹介します。

便秘に関しては1週間、その他の症状に関しては1カ月を目安に服用し、変化がない場合は医師に相談することと書かれています。

1カ月で効果がなければ医師に相談と書かれているということは、漢方がいかにダイエット効果を期待できる商品なのかが分かります。

防風通聖散は、脂肪を溜め込みやすいお腹まわりの体脂肪を燃焼する効果が期待されています。このため、1カ月を目安に継続して服用し、お腹まわりに変化があるか?ダイエットに効果があったかを判断すると良いでしょう。

効果があるとされる便秘についても、1週間での改善効果を期待できますが、即効性を求めて1日の用量を守らず過剰摂取する事は、副作用や体調不良を引き起こす原因になりかねません。

ダイエット目的でない場合でも、漢方は必ず用法・用量を守り服用して下さい。

また、防已黄耆湯については、むくみや水分代謝の改善に1カ月、当帰芍薬散は冷え性やむくみの改善に、大柴胡湯はストレスからくる肥満気味の症状に、桂枝茯苓丸はのぼせるけれど、足は冷えるという方、六君子湯は、胃腸の不調の改善に、それぞれ1カ月を目安に服用を継続するよう記載されています。 麻黄湯に関しては、風邪の諸症状には5~6回、それ以外の症状については1カ月をやはり目安とするとよさそうです。

また、ツムラの場合、漢方薬(漢方製剤)に含まれる生薬成分は病院で処方されるものと一般的なドラッグストアなどで購入できるものが一緒です。 ただし、病院にて診察に基づき処方される漢方の服用量については、病院と市販薬で異なる場合もあるようです。 薬局などで売っている一般的な漢方薬は、だれでも服用することができます。安全性をより高めることを考慮し作られているため、1日の服用量は調整されています。漢方薬の服用量に関しては病院、市販と異なる場合があることをご承知おきください。

ダイエット向けおすすめ漢方3選!口コミで人気の漢方は?

ダイエットに効果のある漢方は、種類がたくさんあるために正直どれを選んだらいいのかと悩むところです!そこでここでは、口コミでも評判の良い人気のダイエット漢方を比較・検討しおすすめできる3商品をピックアップしました!

比較ポイントは、価格・生薬の配合量・安心安全の高さを軸に評価。実際に体験した人の口コミも紹介します!

価格 :初回購入3,900円(税抜)
処方量:満量処方 27.1g
安全性:添加物3種類 サポートセンターあり

生漢煎の効果をもっと詳しく
詳細(クリックで開く)

2回目以降の価格:5,900円(税抜)
内容量:90包(30日分)

 

生漢煎(しょうかんせん)は大手ドラッグストアのひとつであるアインズ&トルぺが販売する防風通聖散です。生薬の顆粒エキスが病院での処方量と同様、最大で27.1グラム満量処方されています。有効成分も4500ミリグラム配合。顆粒の個装タイプなのでいつでもどこでも飲みやすいことも高ポイントです。便秘や脂肪の燃焼に高い効果が期待できます。

コスパは1日約130円。安いだけでなく、添加物の少なさも生漢煎を安心して続けられるメリットです。

また、生漢煎には定期コースの設定があります。送料手数料は無料。利用回数のしばりもないため、到着予定日の10日前までであれば、解約金無しでいつでも解約がでます。余計なトラブルの心配もありません。 気になるお値段は、初回購入なら1箱30日分90包入りが通常価格7,800円(税抜)のところ、3,900円(税抜)で購入可能です。2回目以降も5,900円と毎回2,600円もお得になります。

このほか、3カ月ごとに3箱、6カ月ごとに6箱届けるシステムもあります。3箱購入と6箱購入の際は、自宅で簡単に温感マッサージができるボタニカルホットジェルのプレゼントもあります。女性にうれしい特典があることもおすすめできる高ポイントです。

生漢煎の口コミ

30代を目の前に、痩せたいのに運動や食事制限しても痩せないのが悩みでした。ずっと便秘だったのに飲み始めて1週間でお通じが良くなりました。体重はまだ減ってませんが、これはおすすめです!
錠剤は何粒も飲まないといけないのが合わなかったけど、生漢煎は1回分ずつ個装されているので便利!スティックタイプだからスペースとらないし、本当に使いやすいです。
ダイエット効果があると聞いて、ネットで1番おすすめされていた生漢煎をチョイス。飲み始めた時はおなかが緩くなって、合ってないのかなと思いましたが、今ではそんなこともなく、毎日快便です。ニキビも最近でなくなってきて良いことが続いてます!

生漢煎はコチラ

価格 :初回購入980円(税込)
処方量:2/3処方(18.12g)
安全性:添加物4種類、サポートセンターあり

EGタイトpureの効果をもっと詳しく
詳細(クリックで開く)

2回目以降の価格:6,980円(税込)
内容量:450粒(30日分)


 

EGタイトpure(イージータイトピュア)は錠剤タイプの防風通聖散です。このため、漢方独特の香りや味はほとんど感じません。パッケージも女性目線で考えられており、まわりを気にすることなく飲むことが可能です。

ただし、1回5粒を3回継続して飲まないとダイエット効果は期待できません。このため錠剤を飲みなれていない人には飲みづらいという印象を与えるかもしれません。

EGタイトpureの公式サイトにも、定期コースの設定があります。 1日15粒を目安に摂取するEGタイトpureは1袋に225錠が梱包されています。1カ月の間に2袋使う換算です。初回に1袋(15日分)購入する場合は通常価格4,980円(税込)のところを、980円(税込)でお得に購入ができます。

2回目以降は自動的に毎月届く定期便に切り替わり、初回到着から15日後に2袋(1ヶ月分)を約34%OFFの6,480円(税込)で購入することができます。 EGタイトpureが万が一体に合わなかった時には、販売元である漢方生薬研究所に即連絡を入れましょう。次月分が自動的に配送されるシステムのため、注意が必要です。

EGタイトpureの口コミ

防風通聖散を飲み始めてから、体の代謝が良くなったのか、足がむくんでパンパンになる感じがなくなりスッキリしてます。おなかがゆるくなる人もいるみたいですが、私には合っているみたいなので続けていきます。
顆粒タイプは漢方独特の味と匂いで飲みづらかったけど、タブレットは香りも味もほとんど気にならないので飲みやすいです。効果はまだわからないけど、効果の実感は3ヶ月を目安と言われたので、もう少し飲み続けてみます。
便秘が改善されないです。サポートセンターの人は体質によって個人差があると言っていたけど、合わない体質だったのかも。飲み続けていくか悩ましいです。

EGタイトpureはコチラ

価格 :初回購入2,980円(税込)
処方量:2/3処方(18.12g)
安全性:添加物4種類、サポートセンターあり

漢生爽楽の効果をもっと詳しく
詳細(クリックで開く)

2回目以降の価格:6,480円(税込)
内容量:60包(30日分)

 

漢生爽楽の口コミ

冷え症で手先が冷たかったんですが、防風通聖散をダイエット目的で飲み始めたら、血行が良くなったのかいつの間にか手が冷たくならない事に気づきました。夕方にむくんでた足もスッキリしているので、私にはピッタリみたいです。
匂いは少し気になりますが、さっと飲めるので便利です。まえは便秘で悩んでいたんですが、飲み始めてから多い日には2回お通じがくるようになりました。
初回購入は安いけど、2回目からがちょっと高いです。満量処方の他の防風通聖散に安いのがあるので、もっと安くしてもらえると利用しやすいです。

漢生爽楽(かんしょうそうらく)は1日約100円でお試しできるのがおすすめポイント!顆粒タイプなので効果にも期待できます。

ただし生薬エキスの配合量が2/3処方なので、1位の生漢煎と比べるとコストパフォーマンはやや悪いです。

初回は安く購入する事ができるので、顆粒タイプの漢方を試してみたいという人向けの漢方です。

漢生爽楽はコチラ

漢方おすすめ人気ランキング!第一位は!?

ダイエットの効果が期待できる漢方を価格・成分量・安全性をポイントに徹底比較し、おすすめできるダイエット漢方1位を決定しました!

なぜこの3つのポイントで選んだら良いのか?ダイエットに漢方を取り入れて健康的な体を目指したい方は要チェックです!

生薬の力で体質改善!漢方のダイエット効果は期待大!

漢方には、体の調子を崩している原因に直接働きかけることで要因を改善し、体全体の調子を整えてくれる効果があります。

漢方の効果を少しでも早く実感するには、生薬の処方量が多いもの選ぶ事や飲むコツも大事です。それだけでなく、合わせて生活習慣の見直しも必要です。

いままでチャレンジしたダイエットがことごとく失敗しているという方は、体のバランスが乱れ、ストレスがかかっているからかもしれません。

バランスのとれた食事や、有酸素運動などの適度な運動を日常生活に取り入れストレスをためこまず発散すると、体のリズムも自然と整い、漢方でのダイエット効果もさらに高まります。

漢方の効果で便や老廃物といった体にたまった不要なものが排出されると、体がスッキリするだけでなく、代謝も良くなります。痩せるといった健康効果だけにとどまらず、肌荒れの改善、しいては美容効果にもつながります。

ぜひ漢方の働きとバランスのとれた生活を送ることを心がけ、漢方でのダイエットを成功させて下さい。

 

Popularity
人気の記事

ダイエットサプリ
防風通聖散を徹底比較!防風通聖散ランキング第1位を発表!
6104views
ダイエットサプリ
ナイシトールZの評判はどう?効果と口コミを調査!
5959views
ダイエット基礎知識
30秒で慢性的な肩こりとだるさを改善できる錆取りストレッチがすごい
3724views
ダイエットサプリ
カロリーカットサプリランキング!おすすめ第1位を発表!
2456views
ダイエットサプリ
食欲抑制サプリランキング!おすすめ第1位のサプリはどれ?
2447views
ページのトップへ