ダイエット総合情報サイト|くびれ > > ポーラのエステに通う最適な頻度は?効果の持続はいつまで?

ポーラのエステに通う最適な頻度は?効果の持続はいつまで?

ポーラのエステはどれぐらいの頻度で通うのが正解?

ポーラのエステは肌状態が良くなったり、APEXなど評判の良いポーラの化粧品を使ったりと、得られる効果も高くおすすめのエステです。

実際にポーラのエステに通う際はどのような頻度で施術を受けると良いのか、エステの効果はどれくらい持続するのかを調査しました。

効率良くポーラのエステに通って、なりたい肌へ最短距離で近づきませんか?

ポーラのエステに通う効率的な頻度とは

ポーラの顔エステは特に年齢が出てしまいがちな頬のリフトアップ効果を大切にして、女性の表情を明るくすることを目指しているとされています。

実際に効率良くエステに通い、肌悩みを解決するにはどのような頻度で通うべきでしょうか。

通う頻度は肌の状態や目的別に変えるのが正解

ポーラのエステは、自社ブランドの化粧品を用いることが特徴です。

目指す到達点や特化している点も各コースで用いる化粧品ラインによって異なります。

このため、効果的にポーラのエステに通うには、現在抱えている肌トラブルや悩み、ゆくゆくはどんな肌質になりたいのかといった目的によって頻度を変えることが重要になります。

目的別にはどのようなポーラのおすすめコースがあり、どの程度の頻度がよいのかご紹介します。

たるみや小顔の効果を得たい場合

ポーラの顔エステコースは全部で4コースあります。このコースのうち3コースではFP(ファットパッド)タッピングという空気圧を利用した機器によるタッピング施術を受けることができます。

ポーラの公式サイトによると、FP(ファットパッド)とは顔や関節の皮下脂肪を膜で区画に分けている部分のことを指し、そのFP(ファットパッド)を上げることでたるみをとり、顔を引き締める小顔効果が期待できます。

FPタッピングの効果は3~5日程度は保てますが、できるだけ間隔を広くあけずに2回目の施術を受けるとより効果が持続します。

このため、引き締まった小顔の効果を目指す場合は以下の頻度がおすすめです。

  1. 1:エステ通いを始めてすぐは1~2週間に1回程度の頻度で通う
  2. 2:リフトアップの継続を実感できたのちは、2~3週間くらいに1回程度の頻度に変更していく
ニキビ・毛穴効果

大人になってもニキビやその跡に悩まされたり、鼻やほほといった顔の毛穴開きが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ポーラのエステには、APEXスペシャルコースというコースがあります。

このコースは、ハリケア、ブライトケア、アクネケア、バリアケアの4つのメニューのなかからご自身の肌の悩みに沿ったものを選択することが可能です。ニキビや毛穴のトラブルに応じたケアを望む場合はこちらのコースがおすすめです。

ニキビや毛穴の解消はご自身の持つ肌の修復力も影響しますので、下記のような頻度で施術を受けることをおすすめします。

  1. 1、ニキビや毛穴の状態を肌診断・カウンセリングしてもらったうえで、2週間に1~2回程度の頻度で始める
  2. 2、症状が落ち着いたり効果が感じられる日数が伸びてきたら、肌の生成サイクルに合わせて3~4週間に1度にすることも可能

トラブルがある場合は、肌への負担を軽くすることも大切です。肌の知識が豊富なポーラのカウンセラーと相談して、効率の良い頻度で肌トラブルを解消していきましょう。

美白効果

美白が目的でポーラのエステに通う場合は、APEXスペシャルコースに含まれるブライトケアや、ポーラの最高峰ブランドであるBAを使ったエイジングケアのコースを勧められるかもしれません。

BAにはホワイトニングとエイジングの2つのメニューがあります。ハリや美白といった目的に合わせて頻度を相談することができます。

おすすめの頻度は以下の通りです。

  1. 1、通い始めは2~3週間に1度程度の頻度で通う
  2. 2、肌のバリア機能が修正され、肌質も落ち着いてきたのちは、1カ月に1度程度でも効果は持続できるようになる

ターンオーバーにも着目することが大切!

ターンオーバーという言葉は、フェイシャルの悩みを持っている女性なら一度は聞いたことのある単語ではないでしょうか。

ターンオーバーは、肌の新陳代謝のことを指します。

標準的なサイクルの場合、目に見える肌部分が生まれかわるだけでも2週間は必要と言われており、皮膚のもととなる表皮細胞が生まれ、表皮の下の角質層まで持ち上げられるまでは実に26日~1カ月程度を要します。

ただし、このサイクルは肌のバリア機能などが正常に働いている方、20代くらいまでの方に当てはまる周期です。

ターンオーバーにかかる日数は歳をとるにつれてどんどん長くなり、新しい皮膚の生成に時間がより多く必要になってしまうのです。

このため、もともとの肌質に年齢を加味したうえで、通う頻度を決めることがとても大切です。

ターンオーバーにかかる日数

10代 約20日
20代 約28日
30代 約40日
40代 約55日
50代 約75日
60代 約90日

今しているお手入れの効果が目に見えるようになるまでは、健康な肌でもかなり時間がかかるということがわかります。

ポーラのエステでは、肌の内側から乾燥を改善したりトリートメントしたりするだけでなく、肌診断によってより細かい肌の状態を知ることができます。

ぜひターンオーバーの日数も考慮しながら、最適な頻度をスタッフと相談して決めてください。

ポーラエステの効果ってどれくらい持続するの?

エステに通う際は、できればより持続しやすい施術を受けて少しでもその効果を引き延ばしたいものですね。

エステの効果はどれくらい持続するものなのか、現役エステティシャンにリサーチしました。

「1回に限られているトライアルプランで得られた効果は、だいたい3日長くて5日程度効果が持続します。ただ、どちらのお客さまも肌トラブルを抱えていたり、肌の内部が乾燥していたりするため、もとの状態に戻りやすい傾向にあります。」
「コンスタントに3回、5回と施術を受けていくと、徐々に肌のバリア機能などが正常な肌状態に戻っていきます。はじめは1~2週間に1度通われていた方も、3回も続ければ1カ月に1度程度の頻度でも効果は十分に持続可能です。」

また、施術の効果を高めるためには自宅でのケアにも気を配る必要があります。

例えば、ポーラのエステでは自社化粧品を利用します。

自宅でも同様の化粧品を使用してトリートメントすることで、効果はより長持ちします。

せっかく閉じた毛穴がまた開かないようにするためにも、効果的な頻度と正しいセルフケアを心がけましょう。

ポーラのフェイシャルには有効期限があるので注意!

ポーラのエステは、どのコースも一律に1回、3回、6回という回数設定がされています。

ポーラの公式サイトによると、エステコースには下記のように有効期限が設けられています。

エステ契約の有効期限はコースの回数に関わらず契約日から1年間です。

ポーラのエステを契約した場合は、予約を計画的に入れつつ有効期限内に施術を受けることが必要です。

契約日は、契約時にもらうことのできる領収書やエステティックサービス契約書で確認することができます。

忘れずに1年以内に通うようにしましょう。

フェイシャルエステは目的に合った効率の良い頻度で通おう!

ポーラのエステコースは、90年の間に蓄積された日本人女性の肌データに基づく効果的な施術が魅力です。少しでも理想の肌状態に近づくためには、目的別や現在かかえる肌トラブルによって通う頻度を変えることが大切です。

はじめは思うように効果を実感できなくても、フェイシャルエステは継続することでお肌の良いバランスを維持することができるようになります。

ぜひご紹介した頻度を参考に、ポーラのスタッフと二人三脚でシミやくすみのないふっくらとした美肌を手に入れましょう。

 

RANKING
痩身サロン人気ランキング

POPULAR
人気の記事

1
痩身エステを徹底比較!おすすめランキング第1位はどこ?
痩身エステ
24795views
2
おすすめはどこ?ブライダルエステ人気ランキング発表!
痩身エステ
14699views
3
1週間でお尻痩せ! 短期間で簡単にお尻を小さくするダイエット法
部分痩せダイエット
8995views
4
エステの脚やせ効果を調査!おすすめの安いエステはどれ?
痩身エステ
8102views
5
キャビテーションのやりすぎは危険?副作用と体に与える影響
痩身エステ
7017views
ページのトップへ