ダイエット総合情報サイト|くびれ 痩せて理想のスタイルへ!
ダイエット総合情報サイト-くびれ
くびれ > 部分痩せダイエット > 下腹ダイエット

下腹ダイエット成功の秘訣は?運動と食事で効果的な下腹痩せダイエット!

下腹ダイエット

すぐ実践できるぽっこり下腹のダイエット!簡単な運動と食事の効果的な下腹ダイエット方法

下腹部のぽっこりが気になる方のために、いますぐできる下腹部を引き締める下腹ダイエット方法を詳しく解説! 下腹を引き締めるための効果的な方法は大きく分けて2つ(「運動」と「食事」)あります。 下腹ダイエットに効果的な運動と食事を知って、日々の仕事や家事が忙しく出来ないという人にも簡単にはじめられる下腹部のぽっこり解消できる下腹ダイエット方法を伝授します!

ぽっこり下腹の原因と運動と食事による下腹引き締めの対策法

下腹の出っ張りの原因をご存知ですか?そもそも、どうして「ぽっこりお腹」になってしまうのでしょうか。 まずは原因を知り改善することが、下腹ダイエットの第一歩です。 そこで、物理療法や運動療法を行い、身体機能を回復させるプロである、理学療法士に聞いてみました。 理学療法士によると、お腹まわり(特に下腹部)には骨がなく、大切な臓器を守るために、筋肉や脂肪で覆われています。下腹部は、身体の中でも脂肪が多い場所になります。 さらに、女性には下腹部がぽっこり出やすくなる原因として、2つの事が考えられます。

女性の下腹部がぽっこりしてしまう原因とは?

・更年期障害 一般的に40歳前後から始まるといわれ、女性ホルモンが減りはじめます。そのため、内臓脂肪が20代の頃と比較するとつきやすくなります。 ・産後の骨盤のゆがみ 出産を経験された方は、骨盤のゆがみやゆるみの影響で骨盤周りの筋肉が低下し脂肪がつきやすくなります。 また、加齢により筋力が低下して、脂肪が増加する傾向にあります。

簡単に出来る下腹ダイエット方法

普段の生活でオフィスワークの多い方、猫背の方は姿勢が悪く、それだけでも内臓の位置が下腹へ追いやられていき、下腹部がぽっこりとしてしまいます。 内臓を正しい位置に納めるために、まずは姿勢を正すのが大事なポイントです。 内蔵を元の位置に戻す方法として「背筋を伸ばし、胸をはって、お腹まわりをたるませない姿勢」を心がけるとぽっこりお腹の解消につながります。日常生活において姿勢を正すことに気つければ、今すぐできる簡単な下腹ダイエット方法となります。

下腹を痩せるには良質な睡眠も大切

睡眠時に分泌される「成長ホルモン」は、大人にとっても代謝を促す大事な役割を担っています。 下腹ダイエットに有効な代謝を上げるため、なるべく夜11時までには寝るようにし良質な睡眠をとり生活リズムを整えましょう。

下腹部を引き締めるおすすめの運動方法

健康運動指導士によると、脂肪を燃やす作用をする「有酸素運動」と、筋肉を強化する「無酸素運動」の2つを取り入れることで、効果的なダイエットを行うことが出来るといいます。

下腹の引き締めに効果的なバランスボール

「有酸素運動」であるバランスボールの運動。 インストラクターによると、バランスボールでの運動は、骨盤まわりの筋肉が多く使われるため、下腹の引き締めに大変効果的です。 では、実際にどのような運動方法があるのでしょうか。

バランスボールでのトレーニング方法

1.ボールの真ん中に座り、バランスをとりながら弾みます。 2.腕を振りながら両足で交互に、リズムよくステップを踏みます。 3.膝を伸ばした状態でステップを踏んだり、腕を交差させて、少し腰をひねったりすることも、下腹部に効果的です。
骨盤まわりの筋肉が柔らかくなり、代謝があがります。

簡単!下腹ぽっこりに効く『筋トレ』3選

ご紹介する3つの筋肉トレーニングは、骨盤まわりの筋4肉を鍛えることができます。 ここで紹介する筋トレは、簡単ですが基礎代謝もあがり脂肪を燃えやすくします。 筋トレの目安となる回数は、1セット15回、2~3セットがダイエットに効果的ですが、体調に合わせ、回数とセット数を調整してください。 くれぐれも、無理な筋トレをしすぎて腰を痛めないように注意しましょう。
仰向けで足上げをする筋トレ
この筋トレは仰向けになり、足を伸ばしたまま上げ下げします。
お尻をギュッと引き締める筋トレ
お尻を引き締める筋トレは、仰向けの状態でお尻を上げ、体をのけぞらせ、その体勢のまま、お尻をギュッと3秒くらい引き締め、緩める、を繰り返します。
座ったままで膝を上げ下げする筋トレ
いすに座り、膝を上げ下げするこで筋トレとなります。下腹に力が入るため、下腹の引き締めに効果的です。

下腹を引き締める食生活

下腹部の出っ張りを改善するために必要な食事のとり方についてご紹介します。

食事の摂取量は「朝食>昼食>夕食」

食事は、朝ご飯はしっかり、昼食は朝より若干少なめ、夜は炭水化物を控えめにしてたんぱく質はしっかりとります。脂質は体内に蓄積されやすいため、量を控えましょう。 また、糖質は、脳の重要なエネルギー源です。むやみに制限することなく、適量を摂取しましょう。 ビタミン・ミネラルなども合わせ、バランスよく食べることが大切です。

食事の摂取量は「朝食>昼食>夕食」

食事は、朝ご飯はしっかり、昼食は朝より若干少なめ、夜は炭水化物を控えめにしてたんぱく質はしっかりとります。脂質は体内に蓄積されやすいため、量を控えましょう。 また、糖質は、脳の重要なエネルギー源です。むやみに制限することなく、適量を摂取しましょう。 ビタミン・ミネラルなども合わせ、バランスよく食べることが大切です。

下腹痩せには和食の献立で効果的に食べよう

和食というと面倒な料理と思いがちですが、調理法を簡単にして手間を省き、低カロリーでバランスのとれた食生活を送ることができます。 ・魚か肉のメインとなるおかず ダイエットに大切なたんぱく質として重要な栄養素です。魚・肉は焼いたり茹でたりすることで、脂肪分の摂取を減らすことが出来ます。 ・緑の野菜と赤い野菜 ほうれん草のおひたしや、トマトのスライスでOK。緑黄色野菜でビタミンを補いましょう。 ・煮物 敬遠しがちな煮物も、「酒、みりん、しょうゆ」といった調味料を常備することで、簡単に作れるメニューです。 干しシイタケやひじきの煮物は、ミネラルを摂取でき、しかも低カロリーです。 一度煮ておけば、2~3日はもつため、作り置きのおかずとして重宝します。

下腹ダイエットで目指せ!心身ともに健康美人!

一度たるんでしまった「下腹ぽっこり」も、解消する術は数多くあります。 「バランスのよい食事と、適度で効果的な運動」を生活習慣に取り入れ、引き締まった下腹をキープし、加齢に負けない、元気な身体を手に入れましょう。
 

Popularity
人気の記事

ダイエットサプリ
ナイシトールZの評判はどう?効果と口コミを調査!
3000views
ダイエット基礎知識
30秒で慢性的な肩こりとだるさを改善できる錆取りストレッチがすごい
1689views
ダイエットサプリ
ダイエットサプリランキング決定!最強ダイエットサプリはどれ?
766views
ダイエットサプリ
おすすめの脂肪燃焼サプリはコレ!脂肪燃焼サプリランキング
689views
ダイエットサプリ
最強カロリーカットサプリランキング発表!第1位はコレ!
655views
ページのトップへ